GTO

ep.6 鬼塚夏合宿で勃発!女生徒VS新米女教師

时长: / 首播:2012-08-07
冬月先生が「担任はずし」の標的に!
数々のいやがらせの連続に心は崩壊寸前… 英吉は同僚の心も救えるのか!?

夏休みに入り、鬼塚英吉(AKIRA)が費用を工面できなかった2年4組は、林間学校を学校で行うことに。

そんな中、相沢雅(川口春奈)らは、クラスメイトの鯨川冬美(高良光莉)の悩みを軽くあしらったことをきっかけに、冬月あずさ(瀧本美織)を「担任はずし」の標的にすることに決め、嫌がらせを始める。

なぜ自分が標的にされたのか分からず落ち込む冬月に対し、勅使川原優(矢野聖人)は「教師と生徒は友達じゃない。一定の距離を保つべき」と持論を展開し、優しい言葉をかける。しかし、冬月に背を向けた勅使川原の顔には不敵な笑みが浮かんでいて…。

その夜、冬月は、急な腹痛に襲われる。それは、生徒の浅倉恵(三宅ひとみ)が冬月の夕食に異物を混入して、引き起こしたものだった。そうとは知らずトイレに向かった冬月は、個室に閉じ込められ、頭から水を掛けられる。ひどい仕打ちに嗚咽を漏らす冬月。一方、個室の外では、鯨川が、冬月の嗚咽を聞きながら「全部あんたのせい」とつぶやいて、トイレを後にする。

英吉らと共に、閉じ込められていた冬月を助け出した勅使川原は、冬月を自宅まで送ることに。送り届けたその足で、冬月の部屋の隣の部屋へ。そこは、冬月の部屋に設置した隠しカメラのモニターや、多数の隠し撮り写真が壁一面に貼られているストーキング用に借りた部屋だった。勅使川原は、冬月を偏愛するあまり、いじめの実行犯である恵に復讐を誓う。

翌日、登校を拒否する冬月を公園に連れ出した英吉は、冬月にいじめの原因を教え、上から目線だった冬月の態度をたしなめる。英吉の言葉に目が覚めた冬月は、鯨川に謝るため学苑へ。

学苑では、勅使川原が屋上から下ろしたゴンドラに恵を乗せ、きついお仕置きのつもりで一部のワイヤーを切断。だが、残ったワイヤーではゴンドラを支えきれず、落下してしまう。あわや大惨事という中、駆けつけた冬月と英吉の活躍で、恵の救出に成功。自分をいじめた張本人を身を挺して守った冬月に心を打たれた鯨川は、心を開き、英吉の「嫌なところも含めて自分なんだ」という言葉に笑顔でうなずく。一方、ふっきれた冬月は、英吉に負けない教師になると決意をあらたにする。

またもや「担任はずし」が失敗に終わった雅の元に、菊地善人(高田翔)と神崎麗美(本田翼)が現れる。失敗を笑う麗美に、雅は「調子に乗らないで、あんたの秘密知ってるんだからね」と意味深な言葉を投げる。菊地は、過剰に反応した麗美の態度が気に掛かり…。
#1 - 2012-8-8 18:38
(この身はそなたの“剣”──そう誓ったはずだ。 ... . ...)
下周神崎篇!
#2 - 2012-8-9 22:21
(セカイガキラキラハジケル)
本田翼我茶!
#3 - 2013-12-11 20:54
(好吧偶尔会回来)
教导的表情啊哈哈哈
#4 - 2017-9-10 23:36
(負の連鎖)
喷了,STK教师。
教导主任的车不能走车险?