私はそなたの“剣”となる……
ただ、それたけのことだ。
この“剣”は決して折れぬ。
そなたと……もう一度会うまでは!