赤朽葉家の伝説 小说

  • 中文名: 赤朽叶家的传说
  • 作者: 桜庭一樹
  • 出版社: 東京創元社
  • 价格: ¥ 840
  • 发售日: 2010-09-18
  • 页数: 464
  • ISBN: 4488472028

谁读这本书?

/ 20人想读 / 57人读过 / 3人在读 / 1人搁置
作者の桜庭が自身の故郷である鳥取県を舞台に、架空の村である紅緑村に古くから続く製鉄業を営む名家、『赤朽葉家』の女三代の1953年から21世紀にわたる歴史を描く大河小説である。物語は三部で構成されており、第一部は1953年から1975年、語り部の祖母である赤朽葉万葉を中心に語る「最後の神話の時代」。第二部は1979年から1998年までを、万葉の娘である毛毬を中心に語る「巨と虚の時代」。第三部は2000年から未来にかけて、万葉の謎の言葉の意味を、語り部である瞳子が調べる「殺人者」となっている。三部にわたり赤朽葉家の歴史が描かれる一方で、所々で戦後史が挿入され、赤朽葉家と日本の戦後が連動するように物語が進む。
more...

收藏盒

8.3 力荐
Bangumi Book Ranked:#413

评论

讨论版

吐槽箱

Ryuse @ 2019-3-14 05:26

应该算是浪漫推理吧。

你好F8 @ 2018-11-4 11:30

传记。只记得悲凉的爱恋了,当初是一口气看完,好书

Kiracus @ 2018-10-3 15:55

三代人的传承,二战后日本历史的沉淀

村人C @ 2018-4-28 11:35

尤其中意第二部毛球的故事,通过魔幻现实主义来展现战后日本的社会文化和历史,证明樱庭一树在题材模仿层面的确优秀。但结尾却突兀得去搞推理剧情,有些落了下乘,不过这作所表达的主题、叙事和文笔都相当喜欢。

奇迹棋子 @ 2018-2-28 19:58

「…青春がいつ終わるか、わたしわかったヨ」

roxanne @ 2018-1-18 12:09

第一次知道石榴还有那种意思

B.A.D @ 2017-3-10 12:34

可以看到樱庭一树挑战魔幻现实的野心。。

crysisky @ 2017-2-15 13:36

推倒后 却未重建

糯米团子 @ 2015-6-20 23:55

时代的变迁

smallcat @ 2015-6-12 22:11

超有趣!

更多吐槽 »