藤田一己 藤田一己

  • 简体中文名: 藤田一己
  • 别名: 藤田一己
  • ふじた かずみ
  • Fujita Kazumi
  • 生日: 1964年9月9日

谁收藏了藤田一己?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员 绘师

日本のメカニックデザイナー、イラストレーター。代表作は『機動戦士Ζガンダム』、『勇者王ガオガイガーFINAL』など。

高校卒業後、アニメーターとして『装甲騎兵ボトムズ』などに参加。その後、同作関連のムックを編集していた編集プロダクション「伸童舎」に入社。  

1985年、21歳で『機動戦士ガンダム』の続編『機動戦士Ζガンダム』のメインメカニックデザイナーとして抜擢され、メッサーラやギャプランをはじめ、作中に登場する大半のモビルスーツ (MS) のデザインを手がける。独特のシャープなデザインはこれまでのMSとは一線を画すもので、特に『ガンダム』の主役MSのガンダムのデザイナーである大河原邦男にはセンスを高評されていたようであるが、物語中盤の時点で敵用にデザインしたディジェが味方用のMSとして登場したことには不満があったようである。『Ζガンダム』の続編『機動戦士ガンダムΖΖ』では、「デザイン協力」としてクレジットされている。その後、『ボトムズ』の外伝『青の騎士ベルゼルガ物語』のデザイン協力を担当している。  

1987年には、ホビージャパンの「月刊ホビージャパン」に『Ζガンダム』のアナザーストーリー『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』を連載開始。同作は連載終了後も根強い人気を獲得し、2014年には主役MSのタイラント・ソードのレジンキットがキャラホビ限定で発売されている。

『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』の発表以降もイラストレーターとしてプラモデルの解説書やCDジャケットのイラストなどを担当していたが、1992年のOVA『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』ではデザイン作業の初期に降板している。その後、『ブロウニング』や『QUOVADIS 2〜惑星強襲オヴァン・レイ〜』といったゲームソフトのメカニックデザインを担当している。  

2000年ごろからアニメの仕事も再開しており、『勇者王ガオガイガーFINAL』のメカデザイン(ガオファイガーやジェネシック・ガオガイガー)を担当。そのほか、E-Fieldなどで上映された『ガンダム新体験 グリーンダイバーズ』のメカデザイン、ゲームソフト『SDガンダム GGENERATION-F』のオリジナルメカデザイン、ゲームソフト『鉄拳機甲マーズワース』のメカデザイン、テレビアニメ『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』の前身であるゲーム企画用のメカデザインなどを担当している。また、2001年に期間限定で発売された『Ζガンダム』のDVD-BOXのパッケージイラストも担当している。  

2013年より、白泉社の「ヤングアニマル」で漫画『すく〜〜〜と!』(作画:新久千映)の原作者として連載を開始。ネーム形式で原作を担当しているほか、作中のバイクの作画も担当している。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱

#1 - 2020-8-24 13:56
(不入流的动画爱好者(已黑化))
zeta的设计者
#2 - 2021-10-12 22:48
现在大家经常看到的zeta已经是顺应潮流修整过很多次的了。如果说21世纪初的流行是纵向延展,藤田于80年代的风格就是更偏向横向延展。