さよならの言い方なんて知らない。7 小说

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 7人想读 / 1人读过
ウラル。彼女の存在は特別だった。あるいは一般的に、彼女の外見は地味に見えるかもしれない。悲しみも、怒りも、他の感情も、彼女が外に見せることは少ない。だが、それでも。架見崎の最強、月生亘輝にとって彼女だけが、美しかった——。冬間美咲に追い詰められた香屋歩は、起死回生の構想を実行に移す。それは、月生と「七月の架見崎」に関わる秘策だった。償いの青春劇、第7弾。
more...

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

AikeKo @ 2022-10-18 22:09

来辣来辣

更多吐槽 »