残業のあと、朝焼けに佇む彼女と 小说

  • 作者: 紙木織々
  • 出版社: 新潮社
  • 价格: ¥737
  • 发售日: 2021-02-27
  • 页数: 352
  • ISBN: 978-4101802145

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 1人读过
    クリエイターとは、何か。 僕らは何を「作る」のか。  友利晴朝、22歳。大学を卒業し、就職活動をして、たくさんの企業に落ちた結果、「僕」が飛び込んだのはソーシャルゲーム業界。そこは8000万人がスマホを使う現代日本にあって、急速な成長を遂げる新興市場だった。ゲーム作り、つまり遊びの仕事? とんでもない。「楽しい」を生み出すため、僕らは全力を尽くす。働くとは。モノづくりとは。熱き想いが心を揺さぶる、青春お仕事小説。  早くも絶賛の声多数!   これは物語ですが、すごくゲームが好きで人間愛に溢れた人たちが、 一生懸命ゲームを作っている、ユーザーに向き合っている、 ということが、作品から強く伝わってきました。 悠木碧(声優)   ソーシャルゲーム業界に興味がある人はもちろん、 いま社会に出て働いている人や、 これから就職をする学生さんに、ぜひ読んでほしい作品です。 この物語は、そうした人たちの今後の人生を、より良くする、 あるいは、そのきっかけを与えてくれる、 そんな力を持った作品だと思います。  島﨑信長(声優)
    more...

    收藏盒

    8.0 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    水嶋春歌 @ 2021-2-27 23:27

    感觉比第一卷那种单纯业界解说的,这卷多了点梦想的味道,虽然基本还是现实中可能实际会遇到的不可避免的问题,但解决方式却非常充满梦想(往坏了说当然是异想天开)。不过没有热情和梦想的男主能够因为身边的人而获得这些,尽自己力量去做自己能做和想做的事,在我这种社鱼看来还是非常闪耀的,上一卷战力外的两人这次能好好起到作用真的太好了。神明的时代已经结束,接下去就该是那些见证者们开创凡人的时代了吧。

    更多吐槽 »