B.A.D. 6 繭墨はいつまでも退屈に眠る 小说

  • 出版社: エンターブレイン
  • 价格: ¥ 630
  • 发售日: 2011-07-30
  • 页数: 310
  • ISBN: 4047273961
  • 作者: 綾里 けいし

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 9人读过
「君の依頼を叶えよう―――――」
「なぜ眼球を抉るんだろうね?」平穏な日々を嘲笑うかのように繭墨あざかは問いかける。
近隣を騒がす【目潰し魔】。
そいつに眼球を狙われていると、チョコレートを囓りながら優美に語る。
まるで危機感のない繭墨を急かし、事務所から避難させようとした矢先、傘を掲げたヤツが現われた。
その紅く濡れた傘が僕の頬を掠めた瞬間、鋭い痛みが眼孔を貫き――僕の視界は血に染まり消失した。
残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー第6弾!
more...

大家将 B.A.D. 6 繭墨はいつまでも退屈に眠る 标注为

收藏盒

7.8 力荐
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

欧洲纯种抖M @ 2017-9-7 08:20

探讨人性与幸福论 依旧精彩 然而我只顾着prpr白雪bgm38 感觉亮点就是完美的塑造了白雪的人物形象 真心理想女性w

Scarlet_Amaryllis @ 2014-4-20 01:31

故事依旧扭曲疯狂。疯狂背后所表达的面对自我、幸福论、因果报应思想还是很有意思的。最后一个故事那种为了坚定等待丈夫归来的意志而必须将爱护自己的朋友们全部杀死的疯狂尤其让人战栗,到头来也不过是被异能家族所束缚逃避真正自我罢了。

hiyuno @ 2013-6-21 19:29

完全没有狐狸的这卷读起来好畅快(虽然用这词形容这小说不太合适就是了...)!

更多吐槽 »