花守の竜の叙情詩 2 小说

  • 出版社: 富士見書房
  • 价格: ¥ 651
  • 发售日: 2009-12-19
  • 页数: 334
  • ISBN: 4829134690
  • 作者: 淡路 帆希

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 16人读过
    「これから、俺と君とで旅に出る。捕まれば、命はない」その一言から、二人の長い旅が始まった。囚われの王女アマポーラと、王位継承に敗れた第二王子テオバルト。支配した者とされた者。反発していた二人は、やがて恋に落ちた。だが-旅路の果てに待ち受けていたのは、辛く、悲しい別れだった。忘れられない。傍にいることはできないけれど、あなたのために生きていく。共に誓う二人だったが、テオバルトには生命の危機が、そして、アマポーラには望まぬ婚姻が舞い込んでくる。「テオバルト。愛しているから、あなたを…」無慈悲な運命にあらがい、立ち向かう。強く切ない愛の物語。
    more...

    大家将 花守の竜の叙情詩 2 标注为

    收藏盒

    8.8 神作
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    smallcat @ 2015-9-23 22:23

    总感觉变成奇幻故事之后感觉就变了好多

    银河美少女 @ 2015-4-16 20:47

    其实第一卷的完成度已经相当高了,两人的成长已经在结尾描述的淋漓尽致。关于续作老师在结尾也有说,很多读者像我一样不能接受这么美却又这么伤感的结局才创作的。算是给个交代以及关于银翼圣女和月神恶魔等世界观相关的补完。

    更多吐槽 »