時給三〇〇円の死神 小说

  • 作者: 藤まる
  • 出版社: 双葉社
  • 发售日: 2017/12/14
  • 页数: 328
  • ISBN: 4575520624

谁读这本书?

/ 18人想读 / 5人读过 / 1人在读 / 1人搁置
「それじゃあキミを死神として採用するね」ある日、
高校生の佐倉真司は同級生の花森雪希から「死神」のアルバイトに誘われる。
曰く「死神」の仕事とは、成仏できずにこの世に残る「死者」の未練をはらし、
あの世へと見送ることらしい。あまりに現実離れした話に、不審を抱く佐倉。
しかし、「最後まで勤め上げれば、どんな願いも叶えてもらえる」という話を聞き、
半信半疑のまま死神のアルバイトを始めることとなり――。初恋相手の幼馴染、
出産直後の母親、虐待を受ける子ども……様々な死者が抱える、
切なすぎる未練、願いとは――。暖かな涙が止まらない、ヒューマンストーリー。
more...

收藏盒

8.0 力荐
Bangumi Book Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

leins=pallange @ 2019-11-25 23:05

7还8摇摆不定ryさておき萬歳ry天才いじめヒロインry 设计上前期几次铺垫 最后结局方式都挺不错的 写得最好的是男主两次决意充满感染力 除此之外世界观共情力文笔都不是我的加分点

Lain__ever @ 2019-11-20 16:34

多久没有遇见如此完美一本书了?起承转合,伏笔铺垫,有笑有泪,结尾一气呵成;亦或是细腻的文笔,浪漫的场景,纯净透明的主旨。如果说三秋缒描绘的是地洞人们互相擦拭泪水在黑暗中相拥啜饮幸福的温柔物语,那么藤まる为读者献上的则是点燃自身照亮黑暗为每一位迷途之人祈祷幸福的浪漫至死。这个世界充满了理不尽,后悔、受伤数不胜数,正因如此,那些隐藏其间的小小幸福才更加显得弥足珍贵。幸せの花が、道端に一輪咲いていた。

smallcat @ 2018-2-7 22:17

好久不见。

更多吐槽 »