安達としまむら 〈4〉 小说

  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • 发售日: 2015年5月10日
  • 页数: 248
  • ISBN: 978-4048651158
  • 文库: 電撃文庫
  • 作者: 入間人間
  • 插图: のん

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 5人想读 / 45人读过
高校二年生になった安達としまむら。
しまむらの友達に、安達の心は揺れ動き……。

 桜の季節、しまむらと同じクラスになれた。でも、しまむらは近くの席の女子とお昼を食べるようになった。……なんか嫌だな。私はどうしたらいいんだろう。
 ある日の昼休み。近くの女子集団に声を掛けられた。なんとなく安達の方を見ると、目が合った途端、顔を逸らされた。女子集団の輪に入り、もう一度安達の方を見たら、一人で教室を出て行ってしまった。私もパンを買いに行くのになぁ。まあ、行く途中で見つければいいか。
 しまむらと前みたいに仲良くなるには……そうだ、お泊まりだ!?
more...

收藏盒

7.8 力荐
Bangumi Book Ranked:#1567

评论

讨论版

吐槽箱

Sennmenn @ 2020-12-18 20:21

太水了,前三本白写一样,岛村就一点都不主动呗。最后向安达寻求“樱”也算有点进展,再拖就淡了

( l l ) @ 2020-12-14 19:50

有几个场景很戳(看动画怎么收尾了

桃山みらいに人生を狂わさ @ 2020-12-11 02:47

可以把本卷第二章和第一卷里岛村的行动对照着看,也不知道是入间早期还没想好岛村的形象还是怎么,结果就是让岛村和安达一同经历了这么多以后,反而显得更消极和缺少主动性了。明明上一卷末尾岛村还高调宣布「以后也要好好相处」,这一卷就却又缩了回去,实在是看着有些难受。

flankoi @ 2019-12-2 05:00

安達はしまむらの機械式時計で、しまむらは安達の時間。機械式時計は、繊細で、複雑で、そこまで正確じゃないし、腕から外したらすぐ動かなくなる。しかし恐らく、世の中のどんなものよりも、時間を表示することに一生懸命で、その繊細さや複雑さがすべて、ただ時間の為だけである。それに引き換え、世界中に時計がなくなっても、すべてがなくなっても、時間は止まらないだろう。時間は、寂しくないのか?

aerbioer @ 2019-5-18 19:28

小别胜新婚。//樽见近乎于“强迫”才得到的和岛村配对的挂饰似乎是5卷的伏笔,于是读这卷时对于安达对此事“迟钝”的疑惑也得到了解答。相比之下安达这边的配对小物品是岛村在一个耐人寻味的时间点,带着因冷落对方的“歉疚”之情主动买下的,这样看来,谁是败犬就十分明显了w//“因此,我向安达追寻着【樱】。”安达用自己率真的“攻势”取得了阶段性的成果,这个结尾也可以看作是岛村真正开始被安达所影响的信号。

waox @ 2017-6-18 09:35

我讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合啊啊啊啊入间人间你为什么要写百合呢!为什么会这样呢!!

K的字母表 @ 2016-5-20 21:16

出现了樽见岛村后宫之一诶

smallcat @ 2016-3-25 23:06

樽见复出,安达走向主动,安达和樽见也见面了。。。岛村真是罪孽深重啊,会不会有修罗场走向呢(

更多吐槽 »