向田剛志 向田刚志

  • 简体中文名: 向田刚志
  • 别名: ムコーダ
  • 穆寇達
  • むこうだ つよし
  • 性别:
  • 年龄: 27
  • 职业: 巻き込まれた異世界人、冒険者?、料理人
  • 称号: 孤独の料理人
  • 引用来源: ja.wikipedia.org

谁收藏了向田剛志?

全部收藏会员 »
異世界からの勇者召喚に巻き込まれた日本人。本名は「向田剛志(むこうだ つよし)」だが、作中では貴族くらいしか苗字を持っていないという事で、ほぼカタカナ表記で「ムコーダ」とされる。27歳の独身サラリーマン。
一緒に召喚された勇者たちが高いステータスと様々な戦闘スキルを得たのに対し、ステータスは一般人よりもちょっと強い程度、保有スキルも異世界人共通の「鑑定」「アイテムボックス」以外は「ネットスーパー」のみで戦闘スキルを全く持たなかったため役立たず扱いされる。
王族を胡散臭いと感じ、勇者でないのを幸いに自立を申し出て国外脱出を図った。冒険者パーティ【鉄の意志】に護衛を依頼して隣国へ移動中、ネットスーパーで購入した食材や調味料と現地調達した肉などを駆使して料理を行っていたところフェンリルに嗅ぎつけられ、不本意ながら従魔契約しフェルと名付けた。
元はスキルを活かして商人を目指していたがフェルの食事事情もあり、商人ギルドと同時に冒険者ギルドに登録し、冒険者として活動するようになる。そして道中でフェルと同様の経緯でスライムのスイやピクシードラゴンのドラちゃんを従魔に加えた。フェル達が狩ってくる獲物が軒並み高ランクである為、解体した素材の高額売却が続き捌き切れていない。冒険者の傍ら商人として懇意にしているランベルト商会に商品を卸している。
冒険者としてのランクは、ギルド登録時点で最下級のGランクだったが、その後フェルたちによる魔物の大量討伐と難関ダンジョンの踏破が続いた結果、ギルドマスターの権限でF~Dランクを飛ばしてCランクに、さらにBランクを飛ばしてAランク、最終的に最上級のSランクまで無試験で昇格した。商人ギルドのランクは、最下級のアイアンランク。
現代にいた頃から料理は得意で、学生時代に様々な飲食店のアルバイト経験を持つ。性格はヘタレかつ気弱な事なかれ主義者だが常識的で要領が良い。過去、恋人ができたことが一度もなく、「良い人」で終わる典型的な優柔不断なタイプで、女運が壊滅的。外見は中肉中背の青年。漫画版ではややタレ目気味に描かれている。
勇者達とは違い武器の訓練を受けていないので、戦闘技術は自己流の完全なド素人。魔法はフェルの強引な強制スパルタ式訓練によって、火と土魔法スキルを得られた。レベルアップに伴い、聴覚と料理人の技術が向上している。従魔の名前の通り、ネーミングセンスは皆無。
火と土魔法の使い手で、のちに風・火・土女神と創造神の加護(いずれもランクは「小」)を与えられる(創造神の加護「小」の効果で寿命が大幅に伸び、その影響で種族が『一応人』となっている)。町で過ごす以外はほぼ野営生活だったが、後にカレーリナで豪邸を買い、それを管理する奴隷達の主になった。
ダンジョンを複数攻略した結果、その報酬として複数の魔剣を所有しているが、どれも売却出来ない上に騒ぎになると判断してアイテムボックスに収納している。
孤独の料理人と言う称号に影響されてか、「鑑定」スキルが食品関連に特化し始めており、可食可能かどうかが分かる様になってきているが、説明は若干雑。
Ifストーリーでは勇者達三人を説得し、エルマン王国へ逃亡する。冒険者として暮らす彼らの保護者として食事を提供し、自身は商人として成功を収めている。その為、フェル達とは出会っていない。

固有スキル
『ネットスーパー』
現代の地球物資を異世界の資金をチャージする事で購入し、異世界に召喚できる。地球の食材は摂取者のステータスを変化させるがそれぞれに時間制限がある。季節でラインナップは変化し、ムコーダがレベルアップすると特定のレベルで新たにテナントが選択できるようになる。
実際に地球のネットに繋がっている訳ではなく、あくまでも『ネットスーパー』をスキルが再現しているだけであり、詳細に関しては異世界の創造神であるデミウルゴスにも分からないと言われている。

出演

吐槽箱