さまよう刃 小说

  • 中文名: 彷徨之刃
  • 作者: 東野 圭吾、東野圭吾
  • 出版社: 角川グループパブリッシング
  • 价格: ¥ 740
  • 发售日: 2008-05-24
  • 页数: 499
  • ISBN: 4043718063

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 3人想读 / 37人读过 / 1人在读
    会社員・長峰重樹の一人娘・絵摩が死体で発見される。悲しみに暮れる長峰に、数日後、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。逡巡の末、電話で言われたアパートへ向かう。留守宅へ上がり込み、部屋を物色すると、複数のビデオテープが見つかる。そこには絵摩が犯人2人に陵辱されている映像が写っていた。偶然帰宅した犯人の一人・伴崎敦也を惨殺した長峰は、虫の息の伴崎からもう一人の犯人・菅野快児の潜伏場所を聞き出し追う。
    少年犯罪被害者の悲痛の叫び、正義とは一体何なのか、誰が犯人を裁くのか。思いも寄らない結末が待ち受けていた。
    more...

    收藏盒

    7.4 推荐
    Bangumi Book Ranked:#2013

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    Biu @ 2019-1-25 13:31

    根据现实事件改编的作品,现实往往比小说里面更加残酷

    罗兰熙德之书 @ 2018-8-18 11:13

    日式作家的通症,对于映衬小说主题的角色,加入太多的描写试图使之行为或者出乎意料或者理所当然,可往往适得其反,让情节失去曲折离奇性。 虽然这篇故事显然还是较为写实的,尤其是主角刻画突出。

    云野月 @ 2018-8-15 00:17

    同样是真凶不能得到合理的制裁的结局,恶之教典看得蛮爽的,这部就看得有点胃疼了

    samidare @ 2015-10-13 18:57

    结局太老套了,东野笔下做坏事的好人永远没好下场

    更多吐槽 »