のうりん (5) 小说

  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ
  • 价格: ¥ 662
  • 发售日: 2012-12-17
  • 页数: 360
  • ISBN: 4797372524
  • 作者: 白鳥 士郎

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 18人读过 / 1人搁置
現代動物調教研究同好会――通称『どうちょけん』。
それは私、良田胡蝶が新たに創部した、人と家畜の心を通わせるための部活である。

古来より人類は動物を伴侶とすることによって栄えてきた。
畜産なくして人類の繁栄はなく、 だからこそ……ん~? どうちたんでちゅか若旦那?
おなかペコりんでちゅかー? ママが食べさちてあげまちゅね~(ハート)

……そんな私の前に立ちはだかる黒い影! 飛騨高山のライバル校、過激な動物愛護団体、
そして……謎のサングラスの男!! 貴様は――!?

人は虚無の畜産にぬくもりを見つけられるか!?
おっぱい大増量で贈る農業高校ラブコメ、緊迫の第5弾!
――君は、牛の涙を見る。
more...

大家将 のうりん (5) 标注为

收藏盒

8.0 力荐
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

空気力学少女 @ 2019-3-18 04:42

大家真坚强啊。

waox @ 2017-6-17 21:08

人物都非常具有其特色,题材也令人满意,是如今轻小说中的豪杰。

listeninge @ 2013-5-16 10:23

对于生命伦理观的审视,也是对人类本身的一种审视;人类究竟是什么。弱肉强食,人类的生存、发展就是建立在剥夺其他物种生命的基础之上的,这毋庸置疑;素食主义者、动物保护协会当然有不杀生之权利,但没有资格否定自己祖先的这种生存方式,更没资格批评辛勤的农业工作者们

更多吐槽 »