A Clockwork Ley-Line 運命の廻る森 小说

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 10人想读 / 5人读过
    これは、二人の物語の最終章 そして全ての幕開けの物語
    それは遠い、どこかの場所の、ふたりの少女の物語。

    ある村に住む少女・舞砂 (まいさ) は、人とは違う能力を持っていた。
    周囲の人々から気味悪がられ疎まれる舞砂は、孤独にひっそりと生きるしかなかった。
    それでも人々は、舞砂を恐れ、排除しようとした。
    そして、舞砂は 『天秤の森』 に捨てられた。
    魔女が住み、そこに捨てられると “存在が消える” と噂される霧深い森。

    しかし、絶望と諦めの中で森をさまよう舞砂の前に現れたのは、優しげな笑みを浮かべる少女だった。
    少女に導かれ、霧の中を進んだ先に舞砂が辿り着いた場所は、捨てられた者たちが住む大きな屋敷。
    輪子と名乗る少女は、舞砂の手をつなぎ、囁く。

    「ここは、あなたがいる場所」

    それは昔、まだ 『天秤瑠璃学園』 が存在する遥か前の物語。
    霧深い森で出会ったふたつの運命が、廻りはじめる――。
    more...

    大家将 A Clockwork Ley-Line 運命の廻る森 标注为

    收藏盒

    6.5 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    @ 2017-8-31 09:55

    故事一般,和游戏剧情关系不大,姑且是对魔女和遗物的设定进行了一点补完吧

    kikyouflower @ 2017-5-17 04:39

    这本啊,有点让人伤感的故事。

    TGHGRS @ 2015-6-5 21:04

    写了舞砂创立学园之前的故事,不看外传对游戏也基本没什么影响。不过一开始还有疑问舞砂不是就叫舞砂怎么游戏用了另外一个人的名字........

    更多吐槽 »