ウルトラマンタロウ

  • 中文名: 泰罗·奥特曼
  • 放送星期: 金曜 19:00 - 19:30
  • 别名: 泰罗奥特曼
  • 集数: 53
  • 开始: 1973-04-06
  • 结束: 1974-04-005
  • 国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 每集长: 30分
  • 制片人/制作人: 熊谷健、橋本洋二 (TBS)
  • 编剧: 田口成光、阿井文瓶、上原正三、佐々木守、石堂淑朗、斉藤正夫、大原清秀(木戸愛楽、大原清名義でも執筆)
  • 原案: 村山庄三(第21話)、深田太郎(第9話)
  • 导演: 真船禎、深沢清澄、高橋勝、筧正典、前田勲、山本正孝、吉野安雄、岡村精、山際永三、高野宏一、佐川和夫、鈴木清、矢島信男、東條昭平、大木淳、山本正孝、川北紘一、山際永三、大平隆、小林正夫、高橋勝
  • 音乐: 日暮雅信
  • 摄影: 森喜弘、井上光雄、中町武、中堀正夫、和栗惣治、小林茂、佐藤敏彦、大岡新一、佐藤貞夫
  • 剪辑: 小林熙昌
  • 制作: 円谷プロダクション、TBS
  • 主演: 篠田三郎、名古屋章、東野孝彦、三谷昇、三ツ木清隆、木村豊幸、津村秀祐、西島明彦、松谷紀代子、あさかまゆみ、小野恵子、斎藤信也、ペギー葉山

谁看这部剧集?

/ 2人想看 / 82人看过 / 2人在看 / 2人搁置 / 1人抛弃
章节列表 [全部]:

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+1)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+1)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+1)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+1)

讨论 (+0)

讨论 (+1)

讨论 (+2)

讨论 (+1)

讨论 (+0)

讨论 (+0)

讨论 (+0)
本作品はウルトラシリーズ第6作(ウルトラマンシリーズとしては第5作)であり、第2期ウルトラシリーズの3作目にあたる。『ファイヤーマン』『ジャンボーグA』と並び、円谷プロ創立10周年記念番組として製作された。なお、番組名のロゴが『ウルトラマンT(“T”に“タロウ”とルビふり)』と描かれている事から、略称で「T」と呼称される事もある。
  本作の大きな特徴として、それまで神秘の象徴として描かれる事の多かったウルトラマンに親しみやすいイメージを付加している事が挙げられる。その最たる例が主人公の“タロウ”というネーミングであろう。企画当初、本作の主人公の名称には「ウルトラマンスター」等が上がっていた。その後「ウルトラマンジャック」が有力な候補として挙がっていたが、「ジャック」が当時大きな問題となっていたハイジャックを連想させることからこれを取りやめた。「ジャック」が西洋のおとぎ話の主人公の名前としてよく使われる名前だったことから、それに対応する日本の名称として「○○太郎」から「タロウ」と名付けられたという(のちに「~ジャック」は『帰ってきたウルトラマン』に登場する「新マン」の正式名称となった)。
  ストーリーには、それまでのウルトラシリーズよりも同じ円谷作品の快獣ブースカでみられたような、おとぎ話や寓話などを題材としたストーリーが多く見られる。また本作はウルトラの母の存在が初めて明らかにされた作品でもあり、「ウルトラ兄弟」の概念に加え、文字通り「ウルトラファミリー」の構想を付加し、どちらかと言うとホームドラマ的な作風が濃くなっている。しかしながら特撮作品としての本分もおざなりにされている訳では無く、躍動感のある戦闘アクションや当時としては精巧に制作された秘密基地、戦闘機などの各種プロップやミニチュアセット、光線技に見られる光学合成等は円熟された特撮の妙味を醸し出している。
  話数は、昭和ウルトラシリーズでは最多であり(これは後番組『ウルトラマンレオ』の製作の遅れのため、1話撮り増したためである。また平成ウルトラシリーズまで含めると『ウルトラマンコスモス』が最多)、また他のウルトラファミリーの客演が多いことや、主題歌がそのまま特撮シーンの挿入歌となっている点(番組後半ではエレクトーン演奏を用いた主題歌のインストゥルメンタル版が使用されていた)なども特徴である。
  その他『ウルトラマンレオ』ほどではないが、主要キャストの交代や降板が多かった。ヒロインの白鳥さおりを演じたあさかまゆみは第16話で降板し、第20話から小野恵子に代わっている。ZAT隊員では、西田次郎隊員役の三ツ木清隆が他のドラマに出演することになったため、わずか7話で降板、交代に登場した上野孝隊員役の西島明彦も、同じく別のドラマに出演する都合により第35話で降板した。朝比奈勇太郎隊長を演じる名古屋章も多忙であったため、計12話しか登場していない。荒垣修平副隊長を演じた東野孝彦も怪我のために第50話で降板し、49,50話では沢りつおがアフレコを担当している。51話からは急遽三谷昇が二谷一美副隊長として参入した。
  主題歌は歴代ウルトラシリーズの歌の中でもかなり知名度が高い。
  それまでのシリーズではオープニング映像にキャラクターのシルエット映像を使用していたが、本作ではZATのメカニックを紹介する映像(主に、それぞれが格納庫から現れて基地から発進してゆく様子)を使用している。この「防衛チームのメカニック紹介」パターンは次作『ウルトラマンレオ』でも用いられ、以後のウルトラマンシリーズにおいては前述の「シルエット映像」パターンと同様にオープニング映像の基本的様式として踏襲されている。  
more...

大家将 ウルトラマンタロウ 标注为

特摄 (26)   奥特曼 (13)   童年 (10)   1973 (8)   泰罗 (6)   TV (4)   日剧 (3)   日本 (2)   超人太郎 (1)   ウルトラマン (1)   电视剧 (1)  

收藏盒

7.3 推荐
Bangumi Real Ranked:#814

关联条目

"ウルトラマンタロウ" 讨论板

吐槽箱

矢矧 @ 2017-9-5 22:39

造型不大喜欢。。。不过经典回数还是不少,打巴顿那几回和最终回这些。

三成的决意 @ 2015-3-14 09:52

在我童年的印象里叫帮手次数最多的奥特曼吧,小儿子就是亲生的 O(∩_∩)O~

八神疾风 @ 2014-7-20 00:23

片头曲很好听,小学六年级的时候跟正哼。

后方之AQUA @ 2014-2-25 00:56

亲儿子 泰兰特那集相当经典www 相当有趣的一部

波菇 @ 2013-10-8 14:28

在迪迦之前最帅的一位。我买了超级全一套奥特曼VCD,除了泰罗都被我妈送人了= =

かふう ちの @ 2013-6-16 05:27

各种欢乐梗。轻松愉悦。泰罗击败暴君泰兰特那话是超经典的系列回顾,也燃烧到爆。最终话不依靠超人之力英勇战斗的东光太郎给人印象深刻。

如将红莲 @ 2013-1-26 22:13

目前看过来槽点最多的奥特曼……第五集的下集预告更是自带鬼畜 不知道大家有没有和我一样觉得奥特曼之母每次出场时那红黑场景中拉开披风很像吸血鬼……总觉得很恐怖啦 51集一直在奥特之父那里打圣光是要哪样啊ww

更多吐槽 »