安達としまむら 〈10〉 小说

  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 价格: ¥693
  • 发售日: 2021-09-10
  • 页数: 248
  • ISBN: 978-4049139983
  • 作者: 入間人間
  • 插图: raemz

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 6人想读 / 11人读过 / 3人在读
    女子高生二人のちょっと変わった日常と、それからのお話。

    私は明日、この家を出ていく。しまむらと一緒に暮らすために。私もしまむらも、大人になっていた。

    「あーだち」
    跳ね起きる。
    「おぉでっ」
    派手に後退した私を見て、しまむらが目を丸くした。両手をおどけるように上げる。下りて目にかかる髪を払いながら、左右を見回して、ああそうだと理解していく。マンションに移り住んだのだった。二人きりなのか、これからずっと。
    「よ、よろしくお願いします」
    「こっちもいっぱいお願いしちゃうので、覚悟しといてね」

    私の世界はしまむらですべてが出来上がっていて、これからの未来になにも不安などないのだ。
    more...

    大家将 安達としまむら 〈10〉 标注为

    收藏盒

    8.3 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    秋黴雨 @ 2021-10-16 14:14

    「不困吗?」 「想到了各种事情,就睡不着了」 「嗯呢」 「那就让我听听你想到的各种事情吧」 她转身朝向我,带着包容一切般的笑容。//「要是岛村抱月会觉得开心,我、我也会……很开心的哦!」//这本的樱小姐真的好开心好可爱

    paolino @ 2021-10-10 18:58

    樽见——!名为“安达樱”的方舟承载、指引着二人到达崭新的世界,而其代价就是放下多余的过去。虽然安达与母亲、岛村与樽见这两场相隔十年的告别有些苦涩,但作为“没有后悔与留恋”和自称“薄情”的二人的理解者,更为两人互相撒娇的甜蜜生活而欣喜。插画又换成千岁同学的画师raemz了。

    ( l l ) @ 2021-9-10 23:14

    清らかで尊い同居生活(仮)

    Aeroblast @ 2021-9-10 18:35

    20210910_1833 大概就是1.轻飘飘的乱序后日谈;2.挑几本感受一下就够的入间意识流;3.迫害(←New? 太熟练了吧)。确实写到头了。

    更多吐槽 »