白銀の墟 玄の月 第四巻 小说

  • 话数: 7
  • 出版社: 新潮社
  • 价格: ¥825
  • 发售日: 2019-11-09
  • 页数: 448
  • ISBN: 978-4101240657
  • 作者: 小野 不由美
  • ASIN: 4101240655

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 4人读过 / 1人在读
好敵手は、どちらかが「影」になる。
一国に、王は一人しか要らない。
そして、新たな歴史が始まる──

「助けてやれず、済まない……」男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。地の底で手にした沙包(おてだま)の鈴が助けになるとは。天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒(たいき)は数奇な運命を生き、李斎(りさい)もまた、汚名を着せられ追われた。それでも驍宗(ぎょうそう)の無事を信じたのは、民に安寧が訪れるよう、あの豺虎(けだもの)を玉座から追い落とすため。──戴国の命運は、終焉か開幕か!
more...

大家将 白銀の墟 玄の月 第四巻 标注为

收藏盒

8.7 神作
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

mizudiwood💿 @ 2021-9-7 21:45

看得泪流满面,为孤身逃出地底的骁宗,为毅然救援土匪的军人,为怀揣热血出师却惨变傀儡的惠栋,为保护主人到最后的飞燕,为飞蛾扑火却义无反顾的墨帜,为明知死路一条仍为捍卫骁宗尊严行动的人们等等…以为即将爽文模式突然全军覆没,新老面孔接连牺牲,百姓倒打一耙,现实太过沉重…然后泰麒挥剑杀敌冲向邢台上的骁宗时真是哭得稀里哗啦,化作麒麟的泰麒再次惊艳所有人…尾声燕国助力登场,铺垫四本真正复国只有一段话,意犹未尽

更多吐槽 »