夏へのトンネル、さよならの出口 小说

  • 插图: くっか
  • 出版社: 小学館
  • 价格: ¥660
  • 发售日: 2019-07-18
  • 页数: 325
  • ISBN: 4094518029
  • 作者: 八目迷
  • 文库: ガガガ文庫

谁读这本书?

/ 18人想读 / 8人读过 / 2人在读 / 1人搁置
時空を超えるトンネルに挑む少年と少女の夏

「ウラシマトンネルって、知ってる? そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入るの」
「なんでも?」
「なんでも。でもね、ウラシマトンネルはただでは帰してくれなくて――」
海に面する田舎町・香崎。
夏の日のある朝、高二の塔野カオルは、『ウラシマトンネル』という都市伝説を耳にした。
それは、中に入れば年を取る代わりに欲しいものがなんでも手に入るというお伽噺のようなトンネルだった。
その日の夜、カオルは偶然にも『ウラシマトンネル』らしきトンネルを発見する。
最愛の妹・カレンを五年前に事故で亡くした彼は、トンネルを前に、あることを思いつく。
――『ウラシマトンネル』に入れば、カレンを取り戻せるかもしれない。
放課後に一人でトンネルの検証を開始したカオルだったが、そんな彼の後をこっそりとつける人物がいた。
転校生の花城あんず。クラスでは浮いた存在になっている彼女は、カオルに興味を持つ。
二人は互いの欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶのだが……。
優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした話題作。
more...

大家将 夏へのトンネル、さよならの出口 标注为

收藏盒

6.8 推荐
Bangumi Book Ranked:--

角色介绍

更多角色 »

评论

讨论版

吐槽箱

雪染印 @ 2020-5-16 01:53

这反而是留在外边的人在支付时间的代价,是不是有点奇怪(

Asaoka @ 2020-5-8 01:36

总的来说读的还是很顺畅的,缺点的话挺多的 下面提几个,有剧透 各种设定都比较常规吧 女主原来谁都不搭理,特别强势的性格,后面突然乖乖女了 这种性格的可爱妹纸目标漫画家?总觉得哪里不对 女二性格转换有点强行 男二真是完全意义上的酱油啊… 进隧道…好像什么都没干? 另外看的时候遇到生词没看懂,后来才发现男主是老妈外遇生出来的呀,完全没法想象这个家庭怎么相处的。

星流 @ 2020-3-12 18:19

比起SF倒不如说是传奇物了,整体的安排有那么点键味,在没有解明与反转这一点上也是一样(笑)(也并不是坏事)

killknifex @ 2019-10-30 19:28

看第五章『走れ』的时候....脑内BGM响起了陈奕迅的《淘汰》:我们的回忆没有皱褶 / 你却用离开烫下句点 / 只能说我认了 / 你的不安赢得你信任 / 我却得到你安慰的淘汰

惣流明日奈 @ 2019-10-29 02:39

「君の名は。3」 お前が世界のどこにいても、俺が必ずもう一度会いに行く。

诚信肥肥 @ 2019-9-3 02:24

蛮清爽的,尽管基本设定和角色交代完了以后就一本道到底,并没有什么反转,不过确实这样迎来结局就挺好了。第5章开始文笔有些不太够用,几处男女主关键的思想转折都仿佛理所当然地带过了,作为出道作也许要求也不能太高..

更多吐槽 »