海のカナリア 小说

  • 作者: 入間人間
  • 插图: つくぐ
  • 出版社: KADOKAWA
  • 发售日: 2019-09-10
  • 页数: 312
  • ISBN: 978-4049128079

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 16人想读 / 2人读过 / 2人在读 / 1人搁置
外と断絶した、閉じた夏休み。そこに、ぼくたちは生きていた。

近所に住む小5女子の城ヶ崎君は、朝から鯨を見に海へ行こうと誘ってくる、行動力だけで生きているような少女だ。そんな彼女に言われるがまま、一緒に海へ向かう高2のぼく。11歳と17歳、恋愛、ではないと思う。2人で過ごすいつもの夏の水曜日。こんな穏やかな日々がずっと続けばいいのに──。

夏の朝、目が覚めたらいつものように鏡の前で情報整理。「海野幸、十七歳、性別女性、二年C組、両親は健在──」顔にかかる髪を払い、ぼくを私に切り替える。曜日を確かめると水曜日。さぁ、今回も三日くらいがんばろう──。

そして城ヶ崎さんは宣言する。「この世界を破壊したい」と。
閉ざされた海辺の街で、ぼくと彼女は今日も出会う。
more...

大家将 海のカナリア 标注为

收藏盒

7.0 推荐
Bangumi Book Ranked:--

评论

尝试解读入间人间的『海のカナリア』

by PrismAya 2020-9-20 13:25 (+2)
免责声明:本文作者不懂日语,不保证以下内容真实性。接下来的文字中将剧透『海のカナリア 』的全部内容,请谨慎阅读。 夏日 镰仓 蝉鸣 海滩 鲸鱼 ……的尸体 剧情解析: 本作中大部分剧情发生在在名为海野幸的女性的精神世界里。男主角没有名字,用Boku自称,以下就称 ... (more)

讨论版

吐槽箱

PrismAya @ 2020-9-20 16:02

作者放飞自我过头导致整个故事乱七八糟,结局也没什么逻辑。「七回死ね!」有点可爱。

更多吐槽 »