虚構推理短編集 岩永琴子の出現 小说

  • 话数: 5
  • 作者: 城平京
  • 插图: 片瀬茶柴
  • 出版社: 講談社
  • 价格: ¥ 778
  • 连载杂志: メフィスト
  • 发售日: 2018-12-20
  • 页数: 320
  • ISBN: 978-4065139288
  • ASIN: 4065139287

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人想读 / 1人读过 / 2人在读 / 1人搁置
    本格ミステリ大賞受賞の「ミステリ×怪異譚」シリーズ累計200万部!!

    私たちは概ね嘘で出来ているのですけれど、理(ことわり)だけは通しているのです。お読みになればお解になれます。
    ーー京極夏彦、歓喜!

    全てが嘘なのに面白い。怪異【不合理】を虚構【不真実】でねじ伏せる、定石破りの屁理屈推理バトル!
    井上真偽、驚嘆――!

    妖怪から相談を受ける『知恵の神』岩永琴子を呼び出したのは、何百年と生きた水神の大蛇。その悩みは、自身が棲まう沼に他殺死体を捨てた犯人の動機だった。
    ――「ヌシの大蛇は聞いていた」
    山奥で化け狸が作るうどんを食したため、意図せずアリバイが成立してしまった殺人犯に、嘘の真実を創れ。
    ――「幻の自販機」

    真実よりも美しい、虚ろな推理を弄ぶ、虚構の推理ここに帰還!

    第一話「ヌシの大蛇は聞いていた」/「メフィスト」2017 VOL.2
    第二話「うなぎ屋の幸運日」/書き下ろし
    第三話「電撃のピノッキオ、あるいは星に願いを」/「メフィスト」2017 VOL.3
    第四話「ギロチン三四郎」/書き下ろし
    第五話「幻の自販機」/書き下ろし
    more...

    收藏盒

    0.0 --
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    更多吐槽 »