閻魔堂沙羅の推理奇譚 小说

  • 插图: 望月けい
  • 出版社: 講談社
  • 价格: ¥ 842
  • 发售日: 2018-03-22
  • 页数: 350
  • ISBN: 4062941074
  • ISBN-13: 978-4062941075
  • 作者: 木元 哉多

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人读过
    俺を殺した犯人は誰だ?現世に未練を残した人間の前に現われる閻魔大王の娘―沙羅。赤いマントをまとった美少女は、生き返りたいという人間の願いに応じて、あるゲームを持ちかける。自分の命を奪った殺人犯を推理することができれば蘇り、わからなければ地獄行き。犯人特定の鍵は、死ぬ寸前の僅かな記憶と己の頭脳のみ。生と死を賭けた霊界の推理ゲームが幕を開ける―。
    more...

    收藏盒

    8.0 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    flankoi @ 2018-7-15 21:44

    沙羅はメインキャラではなく、単に人間の質を高めるシステムかもしれないが、愛嬌も魅力も個性もあり、今後沙羅をメインにする話があったら嬉しい。  人が殺された後、推理力さえあれは自分の命も救えるし、殺人犯を殺人未遂者にすることもできる、変えられるのは自分だけの人生ではない。単純にまとめると①殺人は良くない、②推理小説を読め!となる。 推理物だけでなく、人情物としても読み応えがある。 沙羅ちゃんの秘書に

    更多吐槽 »