大野まりな 大野麻里奈

  • 简体中文名: 大野麻里奈
  • 别名: 神崎ちひろ = 大野まりな = 美月華恋 = 鳥瀬くるみ
  • 神崎ちひろ
  • 松本裕美
  • 片山裕美
  • 麻生ひろみ
  • 大野まりな
  • おおの まりな
  • Oono Marina
  • 性别:
  • 生日: 1972-05-04
  • 引用来源: anidb.net

谁收藏了大野まりな?

全部收藏会员 »

职业: 声优 音乐人

大野 まりな(おおの まりな、1972年4月5日 - )は、日本の女性声優、歌手。広島県出身。以前は青二プロダクション、アトリエピーチ、TABプロダクションに所属していた。現在はアトリエピーチの顧問。



元々「歌を歌いたい」という夢があり、様々なアイドル活動や「ステップとして」ヌードグラビア活動などを経験したが、なかなか歌の仕事が来なかった[3]。マネージャー経由で「声優になれば歌が歌える」と聞いて声優となり、さっそく数ヶ月後に歌の仕事が来て夢が叶えられた[3]。

声優活動を始めて最初のゲーム作品は、1996年発売の『エターナルメロディ』(レミット・マリエーナ役) [4] 。自身と名前が似ていたこと、小生意気な王女で立ち絵も「上から目線の雰囲気」だったことで、役に入りやすかったという[4]。初めての美少女ゲーム作品は2002年発売の『妹でいこう!』(吉住麻由夏役)[4]。

1997年発売の『Piaキャロットへようこそ!!』(PC-FX版)では木ノ下留美役を担当した(CVは非公表)[4]。当時はまだジュニア所属で、留美には18禁シーンが無かったため事務所が引き受けた[4]。その後の続編では18禁シーンがあり別の声優に代わったが、アトリエピーチに入所してから発売された『Piaキャロットへようこそ!!G.O. 〜グランド・オープン〜』で10年振りに留美を演じた[4]。メーカー(カクテル・ソフト)が彼女が演じた留美を気に入っての起用で、昔の留美の声を活かそうと留美の娘役も当ててもらい、とても嬉しかったという[4]。

「リカちゃん電話」のリカちゃん役(2代目)を1997年から3年間担当した[5]。1回(85秒)の応答×半年分(18本)を2時間で一気に収録、しかも情報量が多く早口でしゃべらなければならないため編集無しの一発録りという悪条件で、「これを30年もやっていた(初代)杉山佳寿子さんはすごい」と語っている[5]。しかし前述のヌードグラビア活動がメディアで話題となったため降板となった[3]。

現在はアトリエピーチで講師を務め、新人声優の演技指導を行っている[4]。担当は「芸能心得」で、「芸能界にある掟」を自身の経験を元に指導している[4]。また、自己アピールやCM、ゲストとの会話術など、ラジオを1本作れるような内容の特別講義も行っている[4]。声優は精神面が強くないと続けられないため、精神的に強くなること、夢を諦めないことを新人達に教えているという[4]。

最近演出角色

更多角色 »

最近参与

更多作品 »

吐槽箱