斎藤環 斋藤环

  • 简体中文名: 斋藤环
  • 别名: 齋藤環
  • Tamaki Saitou
  • さいとう たまき
  • Saitou Tamaki
  • 性别:
  • 生日: 1961年9月24日
  • 引用来源: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E7%92%B0

谁收藏了斎藤環?

全部收藏会员 »

职业: 作家

斎藤 環(さいとう たまき、1961年9月24日 - )は、精神科医、批評家、漫画評論家。精神科医としての専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学。筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。

社団法人青少年健康センター参与、筑波大学医学博士、精神保健指定医。日本病跡学会賞、角川財団学芸賞受賞。

オタク研究家としての活動・言論[編集]
2004年、斎藤はヴェネツィア・ビエンナーレの国際建築展日本館の「おたく:人格=空間=都市」において、現代美術家の開発好明との共同作品「オタクの個室」を出展した。この作品は実在する18人のオタクたちの部屋をミニチュアで再現したものである。この作品について斎藤本人は、「オタクの人たちは、凄く社会的なイメージと実情との乖離が激しかった。『幼女を傷つける』というようなあからさまな誤解が未だにまかり通っている。私はこの展示を通じてオタクの一人一人に個性があることを再発見した」と、2005年のNHKの取材に対してコメントしている。
生理学者の森昭雄による著書『ゲーム脳の恐怖』(日本放送出版協会)と「ゲーム脳」が話題となった際には、脳波に関する初歩的な間違いが多いと批判している。
ジャーナリストの大谷昭宏の提唱する「フィギュア萌え族」が話題となった際には、「フィギュアとダッチワイフは持ち主にとっての意味が異なる」と指摘し、また「ゲーム脳の様なインチキ」と批判した。テレビ朝日系列の情報番組『やじうまプラス』において大谷と共演しているジャーナリストの勝谷誠彦が広島小1女児殺害事件について「犯人は少女をフィギュア扱いした」とコメントした事についても、「もう、(大谷の代わりに)言わされている感ありまくりだね」と呆れている。
斉藤自身はオタクかどうかは微妙であるという。オタクの基準の一つは「アニメの絵で自慰が出来るかどうか」であり、それはまだ難しいとの理由を述べている。フィギュアなどにはあまり関心がなく、ほとんど持っていない。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱