映像研には手を出すな!

ep.6 第六話

时长: / 首播:2020-05-10
予算審議委員会が翌日に迫る中、ストーリーをばっさり省いてイメージとインパクト重視の作品にすること で、どうにか完成までの道筋が見えた映像研。しかし、そのやり方に納得できなくなってしまった浅草(齋 藤飛鳥)が突如爆発! なんと、完成目前の作品を自らの手で破壊してしまった! 今からすべてをやり直 すと言って譲らない浅草と、その思いに同調するツバメ(山下美月)。金森(梅澤美波)も、最終的には2 人の覚悟に映像研の運命を託すことを決意した。
だが、翌日までに本当に間に合うのか……。金森は、映像研の危機を乗り切るため、大・生徒会の独裁に反 発する学内の不満分子と接触する。
予算審議委員会当日。金森と結託した昭和館・ゲバラの策略によって、学校中の部活動が予算審議委員会に 集結。大混乱する会場に、ついに映像研の3人がやってくる。金森の時間稼ぎが功を奏し作品は完成した。 しかし、発表直前に大・生徒会に押し込まれ、劣勢に立たされる映像研。せっかく作ったアニメを発表する ことさえできないのか… そのとき、その場の雰囲気に耐えられなくなった浅草が爆発! 思いのたけを喚 きたてる。その勢いに気圧された大・生徒会は映像研の発表を認めることに。
そして、上映された映像研のアニメ「そのマチェットを握れ!」。大・生徒会を含め会場にいた全員がその クオリティに圧倒される。こうして、映像研は活動を正式に認可されたのだった。
その一部始終を目撃していた録音機材を持って歩く謎の生徒。倉庫のような場所に佇む巨大ロボット。なん だか知らんが、面白くなってきやがった!
#1 - 2020-5-11 14:58
(いいんです)
映像研には手を出すな!第陸話【齋藤飛鳥×山下美月×梅澤美波★ドラマイズム】[終][解][字]
2020年5月12日 (火) 深夜 1時28分〜

「9日後の予算審議委員会、ハッタリで行きましょう!」完成までのラストスパートにこぎつけた映像研の3人。そして、アニメも完成…のはず!?映像研最終回、刮目して観よ!!

番組内容

いよいよ翌日に迫った予算審議委員会に間に合わせるため、ストーリー展開をばっさり省いてイメージとインパクト重視の作品にすることで、どうにか完成までのラストスパートにこぎつけた映像研の3人。だが納得できない浅草(齋藤飛鳥)の思いが突如暴発!なんと、完成目前の作品を自らの手で破壊してしまったのだ!満足できる作品を作るため、今からすべてをやり直すと言って譲らない浅草と、思いに同意するツバメ(山下美月)。当初は難色を示していた金森(梅澤美波)も、最終的には2人の覚悟に映像研の運命を託すことを決意した。だが、翌日までに本当に間に合うのか……。 そして、ついにやってきた予算審議委員会当日!だが予算審議委員会の会場はプロレス風素人取っ組み合い同好会、野球部、警備部、応援部が入り乱れるという、カオスな状況が展開されて大混乱に!そこに、オリジナルアニメの完成データを持った映像研の3人がやってきた…!

出演者

浅草みどり…齋藤飛鳥 水崎ツバメ…山下美月 金森さやか…梅澤美波 道頓堀透…小西桜子 さかき・ソワンデ…グレイス・エマ 阿島九…福本莉子 王俊也…松﨑亮 百目鬼…桜田ひより 小野…板垣瑞生 小林…赤楚衛二 小鳥遊…染野有来 小豆畑…亀田侑樹 晴子…浜辺美波 雨男…河津未来 水崎菜穂美…松本若菜 水崎葉平…山中聡 黒田…鈴之助 麻笠…出合正幸 藤本先生…髙嶋政宏 ほか

スタッフ

【原作】 大童澄瞳「映像研には手を出すな!」(小学館 「月刊!スピリッツ」連載中) 【監督】 英勉

音楽

【主題歌】 Thinking Dogs「Heavenly ideas」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)

公式ページ

◇番組HP https://eizouken-saikyo.com/tv/ ◇MBS★HP https://www.mbs.jp/eizouken-saikyo/ ◇映画版★HP https://eizouken-saikyo.com/

関連URL

【ツイッター】 https://twitter.com/eizouken_saikyo @eizouken_saikyo #映像研 #映像研には手を出すな #eizouken #ドラマイズム #齋藤飛鳥 #山下美月 #梅澤美波 #英勉 #大童澄瞳 #乃木坂46 【インスタグラム】 https://www.instagram.com/eizouken_saikyo/

お知らせ

【映画公開情報】 ★浅草・水崎・金森が暴れまわる!  映画『映像研には手を出すな!』は、近日全国ロードショー! …総キャスト数は『シン・ゴジラ』並みの100人超!さらに、「最強の世界」を実現すべく、アクション、美術、VFX、アニメなどあらゆる技術を総動員し、日本映画界が持つすべてを駆使して制作されたエンターテインメント超大作!!!

制作

【制作プロダクション】 ROBOT 【配給】 東宝映像事業部
#2 - 2020-5-13 11:54
ファンかよ