湯川 学 汤川 学

  • 简体中文名: 汤川 学

谁收藏了湯川 学?

全部收藏会员 »
ガリレオシリーズの主人公。現帝都大学物理学助教授(准教授)で、理工学部物理学科第十三研究室に所属。帝都大学理工学部卒業。「爆ぜる」連載当時34歳。
物理学においては天才的な頭脳を持つほか、かなりの雑学的知識を有する。また、洞察力にもたけ、女性の職業を当てたことがある。その能力を駆使して草薙が持ち込む難事件を少ない情報で論理的に解決していくため、捜査一課からは「ガリレオ(先生)」とあがめられるほど。しかし、本人はその呼び名を嫌がっている。その素顔はベールに包まれていて、生活観を窺うことができない。夜遅くまで研究を続け、夕食も大学内で済ませているようである(ただし、時々自炊することもある)。かつて大学院2年の秋に、「磁界歯車」を考案し、某アメリカ企業が買いに来たことがある。しかし、机上の空論扱いをされた。この歯車は元々行っていた実験が失敗したことで、別の角度から研究を行った結果生み出されたものである(『ガリレオの苦悩』所収の「操縦る」で恩師の友永幸正が語っている)。
富樫慎二殺害事件(『容疑者Xの献身』参照)での警察の対応で確執を起こして以後、捜査に一切協力しないことを決め、草薙とも疎遠になっていたが、現在は科学者として興味をそそる事件限定で再び協力している。
性格は偏屈で、事件への興味を惹こうとする草薙の話の揚げ足をよくとる。また、ほかの人物が興奮したり騒いだりしても、常に自分のペースを変えない冷静さを持っていて、滅多に感情を荒らげることはない。
趣味はバドミントン。バドミントン部に属していたころから腕前は高く、現在でも大会で優勝することがある。好きなものはインスタントコーヒーでその歴史を諳んじるほどである。草薙が訪れた際には、あまり綺麗に洗っていないマグカップに薄いインスタントコーヒーを入れてもてなす。
苦手なものは子供。理由は「論理的でない相手と付き合うのは疲れる」ため。話し掛けるだけで蕁麻疹ができるほどのアレルギーを持っている。そのため子供と話すのは専ら草薙任せで、疑問を感じると草薙を通して質問をしていた。『真夏の方程式』では彼をもってして「偏屈」と言わしめる少年との交流がある。女性は論理的な人物もいるため苦手ではないが、付き合っている相手はいない。
佐野史郎をイメージして創られたキャラクター。最近はドラマ版に影響されて福山雅治をイメージしてしまうらしい。ドラマ版の口癖「実に面白い」は原作では言わない。草薙俊平いわくペーパードライバーであるが本人は否定する。
なお、主人公ではあるが、彼が主体に描かれている場面はほとんどなく、作品の大半は刑事と容疑者(事象が起きた周辺の人物)の視点によるものである。

出演

吐槽箱

#1 - 2015-1-5 19:50
(搁置补完计划)
这是在说福山叔而不是汤川学吧