藤木コウタ 藤木浩太

  • 简体中文名: 藤木浩太
  • 性别:

谁收藏了藤木コウタ?

全部收藏会员 »
主人公と同じ日に入隊した少年で、同じ第一部隊に所属する新米ゴッドイーター。使用神機は旧型の遠距離式(アサルト)の「モウスィブロウ」。この神機はかつて雨宮ツバキが愛用していた初期型のものだが、改良が重ねられており、後期のものに引けを取らない性能を発揮している。ターミナルで旧時代の動画を見るのが趣味で、劇中で放送されている人気アニメ『バガラリー』のファンでもある(『バースト』初回特典のプレミアムキャラクターダウンロードコードを使用した際の衣装はそのアニメの登場人物になりきったもの)。自室の棚にはバガラリーのグッズが陳列してある一方、空き缶やゴミ袋が散乱しており、彼のいい加減な性格を見事に体現している。ターミナルには大量に溜め撮りしたバガラリーや家族の写真が入っている。本人曰くネーミングセンスには自信があるらしく、シオには「ノラミ」と名付けたがっていたが、アリサにはドン引きされ、シオ当人にも一蹴されていた。
第一部隊ではチームのムードメーカー的存在。荒廃した世の中であるにもかかわらず明るくまっすぐな性格に育ち、その面に関してはリンドウも賞賛している。少々軽薄な所はあるが、居住区に住む母と妹のノゾミを思う気持ちは強く、2人を守り養う為にフェンリルに入隊。入隊前は家族の食い扶持を稼ぐ為に学校へ行かず働いていた為、勉強は苦手。勉強会・講習時の居眠りが多いが、『講義「アーコロジー」』にてペイラーが内部居住区における収容人数に言及した際には、うたた寝から目覚めて積極的に質問を行うほど、エイジス計画に対して大きな希望を持つ。そのような視点(家族を守るための情報収集)から、アナグラ地下よりエイジスへと至る通路の存在を推測、発見のきっかけを作った。
第一部隊の中では一番エイジス計画に期待と信頼を寄せており、少しでも完遂の足しになればと自ら危険な任務を受注していた。エイジス計画がアーク計画の隠れ蓑に過ぎなかったことが明らかとなったときは、家族を守るために計画に賛同する。しかし良心の呵責に耐え切れず、アナグラの襲撃と母に諭された事をきっかけに、皆が安全でいられる場所を与えてもらうのではなく、自らの手で作るため、アーク計画に反抗することを決意する。
デザインの初期段階ではキザ風で、真っ赤なスーツをまとったファッションも考えられており、主人公の親友というよりはライバルに近い存在だった様子[8]。

出演

吐槽箱

#1 - 2015-7-14 20:10
(没有ff15我要死了)
宅属性upup,好基友快给(这只荒神)来一炮
#2 - 2015-7-24 20:01
(没有ff15我要死了)
折得一手好旗,可惜罗密欧没学这招