2012-8-21 03:51 /
其实歌词没必要翻译 但是因为太喜欢歌词了 所以不得不翻译一下

佐藤ひろ美 - ヒカリ
作詞: 山田おろち
作曲: YET11(PULSNOTES)

きのう見た夢 あしたの日記に書いて
わたしサカサマ 罪と罰も罰と罪
ルララ……素敵でしょ?
たしかなきのう 崩れ 流れ 糸を引き
とろけたあすも ほらね グズズ崩れ落ちる
ルラ……踊りましょ?
きばの無いけもの くらいそらのした
裁きを祈れ
いま こそ ヒカリヨ アレカシ
けど それは なにも照らせない
無意味な ニセモノのひかりで
ひざまづき 泣いて 血を吐くの オネガイ
赦してよ……
ふるえるノドを 締めて優しくころして。
錆びたハサミで おなか開いてさがして。
こたえ……見つかった?
カラの水槽 つもった 時間の塵に
なにを埋めよう たとえば わたしなんかどう……?
ほら にあうでしょ?
羽の無い猫よ くらいそらのなか
すべてを裁け
きら めく 眼で わたしを焼け
けど それは なにも裁けない
無邪気な イツワリのひかりで
星か月 割れた電球 ガラスだま
助けてよ……
(以下、語り)
もちろん、これはたとえばなしです。
たとえばむかし、あるところにお城がありました。
なに不自由なく育ったお姫様は幸せであることに飽き、
実験と称しては塔の上から袋詰めの猫を落とし、
その自由落下のなかに生命の意味を見出していたのでした。
もちろん、これはたとえばなしです。
けれども
落とせば落とすほど
お姫様はわからなくなってしまったのです。
「人生って、わからないなあ!」
お姫様は家来に命じて、自分と似た年恰好の12人の娘をさらい、
自分と同じ服を着せ、自分と同じ化粧をさせ、窓からおとしました。
12人目を落とし終えたあと、お姫様は
「人生って、わからないなあ!」
と言いました。
そしてお姫様は一生幸せに暮らしましたとさ。
もちろん、これはたとえばなしです。
けれどもたとえばそれが人生というものなら、
私は……私は……私は……
塔から落ちた12人の娘みたいに地面に深く埋まって、
化石みたいにきれいな宝石になりたい。


昨天梦里写下明日的日记
我颠倒着罪与罚 罚与罪
噜啦啦……厉害吧?
确切的昨天 崩塌 滑落 拉扯着线
瞧 模糊的明天也崩成碎片后落下
噜啦啦……起舞吧?
像空中无牙的兽类
能做的只有 向光 祈愿
虽然 那样 无济于事
向无意义的 虚伪的光
跪着 哭着 吐血的请求
饶恕我吧……
掐住颤抖的喉咙 温柔的弄死
锈掉的剪刀剪开肚子 寻觅着
答案……找到了么?
空空的水槽 积满了 时间的灰尘
假如把我埋进去如何 ……?
看 很合适吧?
像空中没有翅膀的猫那样
裁决一切
闪耀的眼睛烧尽我
但那什么也裁决不了
天真无邪又虚伪的光
星星 月亮 碎掉的电灯泡 玻璃片
救救我……

(独白)
当然,这只是假设
假如 过去 那里有座城
娇生惯养的公主 厌倦了幸福
以实验为名 从塔上扔下装着猫的口袋
想要从那自由落体中发现生命的意义
当然 这也只是假设
但是
落下了就落下了
公主还是不明白
“人生啊,不懂呢!”
公主命令家臣找来和自己相貌相似年纪相仿的12个少女
穿着和自己同样的衣服,化着同样的妆容,从窗口扔出去
12个人全部落下去后,
“人生啊,不懂呢!”
公主说
然后公主幸福的过完了一生
当然, 这只是假设
但是 假设这真是人生的话
我……我……我……
像从塔上落下的12个少女那样 深埋地下
犹如 想要成为漂亮宝石的化石
Tags: 游戏
#1 - 2014-1-26 20:14
#1-1 - 2014-2-23 02:24