猫狩り族の長 小说

  • 中文名: 猎猫一族之长
  • 作者: 麻枝准
  • 出版社: 講談社
  • 价格: ¥1,870
  • 发售日: 2021-05-19
  • 页数: 320
  • ISBN: 978-4065230237
  • 特设网站: https://key.visualarts.gr.jp/nekogari/

谁读这本书?

/ 58人想读 / 17人读过 / 8人在读 / 2人搁置
今まで虚構を描いてきた。
初めて本当に思っていることを書きました――麻枝准

***
『CLANNAD』『Angel Beats!』『神様になった日』――
話題作を作り出し続けるカリスマの内心が初めて明かされる処女小説、緊急刊行
***

海辺で出会った彼女は、美しく饒舌で世界で誰よりも――死にたかった。

猫が戯れるのを眺めていた女子大生・時椿は、断崖絶壁に立つ女性に声をかける。
飛び降りようとする黒髪の美女・十郎丸は、多くのヒット曲を手がける作曲家だった。
彼女は予想に反して、雄弁で自信に満ちた口調で死にたい理由を語ってのける。
人生で初めて出会った才能豊かな人間が、堂々と死のうとしている事実に混乱する時椿。
なんとかその日は十郎丸を翻意させ、下宿に連れて帰ることとなる。

なぜか猫に嫌われる死にたい天才作曲家と、何も持たない大学生。
分かりあえない二人の、分かりあえなくもあたたかい5日間が、始まった。

麻枝 准の生きている世界はこんなにも苦しくて、理不尽なものだった――。
「泣ける」ことだけにこだわり創作してきた彼が純粋に書きたいものを初めて書いた処女文芸作品。
more...

评论

讨论版

吐槽箱

Yinleng @ 2023-1-25 16:28

非常的不像麻子,又非常的像麻子。用现实主义笔调写了一个有关人生焦虑的故事,个人认为私货还真不少,经常会串戏到hbr或者其他作品。两位女主的互动很有趣,挺彰显麻子笔力的,最后表白真的太女同了。结局耐人寻味,很感动。我也是很能共情,书中麻子作为作者的自嘲,多少也像是自己能说出来的话,尤其十郎丸小姐对人生、死亡的看法,我也很是赞同。

学履虫 @ 2023-1-14 09:12

还不错倒是,能对上麻子的电波就能知道他到底想写啥,结尾其实还挺好,算是个happy end(话说这本里头竟然没有打棒球,爷青结)

千反田爱瑠 @ 2023-1-8 08:40

总觉得包含了些许麻子作为创作者的自嘲

蛇莓茶 @ 2023-1-1 22:50

看看麻子,常见的生死题材加点调剂互动,很亲切也充斥着苦涩的故事,读的时候放了很多音乐造氛围,总体还好吧

提辖 @ 2023-1-1 00:36

馬志順さんはまだ食べられますか?

轻歌戏梦 @ 2022-12-31 20:11

我不好说

教皇 @ 2022-11-23 02:59

不太适合平静的时候看,确实

反手就是两刀 @ 2022-11-14 23:02

没有太多商业化元素,更多的是借故事中的角色直抒胸臆,比起麻枝准创作的‘二次元’风格的故事,这部作品更多的是刺骨的现实。以及,我个人对结局不太满意,只能说写这本书时的麻枝准还是负面情绪太多了点吧

渡边翔 @ 2021-10-17 11:12

创持,,

YUKI.N @ 2021-6-18 22:01

麻子,我的麻子

更多吐槽 »