機動戦士ムーンガンダム 漫画系列

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这个系列?

/ 3人想读 / 1人读过 / 2人在读 / 1人搁置
物語は、1986年のテレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』第14 - 15話に登場する、機械文明を捨てた部族「光族(ひかりぞく)」が住むスペースコロニー「ムーン・ムーン」で展開され、地球連邦軍とネオ・ジオン軍の争いに巻き込まれた主人公たちの戦いを描く。福井は『ΖΖ』におけるムーン・ムーンのエピソードがどこの話数に入れても差し支えのない「捨て回」であったとしつつも、『ΖΖ』製作当時に富野由悠季が執筆した資料からはのちの『∀ガンダム』にも通じる企画意図が読み取れると評しており、多数の作品と複雑化した設定によって一度『ガンダム』を離れていた旧来のファンが戻りづらい状況を、宇宙世紀の時代から忘れられたムーン・ムーンの住人たちに重ね合わせ、「忘れられた側の視点から改めて宇宙世紀を見てみよう」という着想を得てムーン・ムーンを舞台に設定したと語っている。また、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の前日譚として1987年に執筆された富野由悠季の小説『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』を本作に繋がる正史として位置づけ、宇宙世紀の歴史において同じ年代を描いている同作の内容をクロスオーバーされている。

漫画の作画は、同じく福井原作の『終戦のローレライ』の漫画版を手がけ、『ガンダムエース』誌上でも『機動戦士ガンダムUC テスタメント』『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』を連載していた虎哉孝征、主要メカのデザインは『ガンダム Gのレコンギスタ』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などに参加していた形部一平が起用された。なお、シータプラスなどの一部のメカは虎哉自身がデザインしている。
more...

收藏盒

0.0 --
Bangumi Book Ranked:--

角色介绍

更多角色 »

单行本

评论

讨论版

吐槽箱

更多吐槽 »