アルカサル-王城- 漫画系列

谁读这个系列?

/ 2人想读 / 1人读过 / 1人搁置
14世紀、多数の国家が外国の影響を受けつつ争う戦国時代にあったイベリア半島を舞台に、奔放な情熱と冷酷な策謀で「残酷王(エル・クルエル)」とも呼ばれた、カスティリア王国の実在の王ドン・ペドロことペドロ1世の波乱の生涯を描く。孤独な少年時代を経て自国を強国へと導く主人公の姿が、数多くの強敵と脇役を交えて力強く描かれている。
『月刊プリンセス』、『別冊ビバプリンセス』連載時には、ドン・ペドロの生まれた1334年から絶頂期の1364年までを描き、おおむね歴史に忠実な作品である。一方で、物語をドラマチックにするためにキャラクターに独自の設定(性格・死亡時期の変更)を加えたり、同じ名を持つ人物が非常に多いため、読者の混乱を招かないよう紛らわしい登場人物の名前は変更している。スペイン語での尊称「ドン」をペドロ1世にのみ付したのも、同時代にアラゴン王ペドロ4世、ポルトガル王ペドロ(ペードロ)1世が在位していたことによる。
『プリンセスGOLD』に掲載された完結編では、前編でドン・ペドロの凋落と1369年の死を、後編ではそれ以後を子や孫の時代である1388年までを描いている。様々な制約から、前後編合わせて約200ページで一気に描ききる形を採り、連載時と比べて極めて展開が早い。
タイトルの「アルカサル」は、ドン・ペドロが築城した世界遺産「セビリアのアルカサル」にちなむ。
more...

收藏盒

0.0 --
Bangumi Book Ranked:--

单行本

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

更多吐槽 »