samurai champloo music record: impression

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁听这张唱片?

/ 6人想听 / 105人听过 / 6人在听 / 1人搁置 / 1人抛弃
FORCE OF NATURE/Nujabes/fat jonと、それぞれ個性の異なる3組が並んだセレクション。バラエティに富んだ楽曲で、それぞれが違った角度からこの作品へとアプローチしていることが明確に伝わる構成になっている。
「ヨゴレ担当」(インタビュー参照)のFORCE OF NATUREは、その真骨頂を(07)“the million way of drum”で見せつける。ドラム・フィルをループさせたスリリングなビートに渋いベースライン。緊迫した殺陣のシーンをしっかりと盛り上げる、激しい一曲になっている。逆に彼らにしては珍しいのが、アルバム一曲目の(01)“just forget”で、こちらは甘くまろやかなメロウ・チューン。フルートとハープの旋律がどことなく『ルパン三世』風? 素晴らしい。そしてボムは、全サントラ曲を通じて唯一の日本語ラップ曲となる(03)“日出ズルSTYLE”。現在日本のヒップホップ・シーンで最も勢いのあるNitro Micropone Undergroundから、切り込み隊長のSUIKENとS-WORDが参戦。仰々しいホーンをバックにサムライの心得を彼ら流の語り口で説いていく。
続くNujabesは、相変わらずのヌジャベス・ワールド全開。メロディアスなネタの良さを最大限に引き出すプログラミング・テクニックに疾走感のあるドラム。特にオススメは、メロディックなループをフィルターのニュアンスの変化によって展開させていく(09)“sanctuary ship”、ハウス的な四つ打ちビートを解禁した(14)“world without word”あたりか。そしてなんと言っても、“四季ノ唄”に続くMINMIとのコラボレーション(23)“Who's theme”! 情感たっぷりの歌声に、センチメンタルなコーラス。ヌジャベスにとっても、MINMIにとってもこの曲はキャリア上重要なものになるのでは? そう思わせるほどの名曲がここに誕生した。必聴!!
アルバム終盤はfat jonの出番。低音域はキリッと締まり、中音粋は空間的な広がりを持ち、高音は耳にほどよくクリスピーな質感。こうした音響設計は彼の専売特許であり、なかなか他人が真似できない彼のアートの一部だ。(18)“in position”はその醍醐味に溢れた佳曲。ヘッドフォンか大音量で聴いて欲しい。スネアと共に鳴るハンドクラップには気品さえ漂っている。一転、(20)“not quite seleah”ではユーモラスでいたずらっ子のようなループを披露。インテリジェントでありながら稚気もある、まさに彼の人柄そのものような楽曲に仕上がっている。
more...

收藏盒

8.5 神作
Bangumi Music Ranked:#287

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

无证madam @ 2021-4-20 23:36

我暂时还不配对这张专辑作任何评价,评价是对它的侮辱。

Aisling @ 2021-1-5 06:34

冲这封面设计也应该去听

犬asuzak @ 2020-5-9 18:08

Who\'s Theme

𝒩𝑒𝓀𝑜_𝒜𝓇𝒾𝒶 @ 2018-3-24 14:27

补标

剥皮拆骨鸡 @ 2015-6-16 19:24

「Who's Theme」.

yamakkasi @ 2014-9-11 14:15

jazz-hiphop

mizudiwood💿 @ 2013-3-31 17:01

“日出ズルSTYLE”赛高~

名雪 @ 2012-3-26 09:09

只可惜nujabes已逝(

更多吐槽 »