日本物産 日本物产

  • 简体中文名: 日本物产
  • 别名: にほんぶっさん
  • Nihonbussan
  • Nichibutsu

谁收藏了日本物産?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

鳥井末治(1947年 - )が1970年に創業、1972年に法人化。

1978年にアーケードゲーム市場に参入。ブロックくずしのコピーゲームである「テーブルアタッカー」でデビュー。同年、スペースインベーダーのコピーゲームである「ムーンベース」などを発売するもタイトーに提訴され、日本物産が許諾料を支払うことで和解する[2]。1979年にも、業務提携していたナムコの作品であるギャラクシアンを製造許諾契約に違反し超過製造したうえで「ムーンエイリアン」という名称で発売したことによりナムコに提訴され、日本物産が超過分の許諾料を支払うことで和解した[3]。その後、1980年にはオリジナル作品の「ムーンクレスタ」や「クレイジー・クライマー」などのヒット作品を続けてリリースしている。同年、日本物産が発行した企業案内パンフレットには、テーブルアタッカー、ムーンベース、ムーンエイリアンともに、日本物産のオリジナル作品として掲載していた[4]。

1983年には業界初の脱衣要素がある麻雀ゲームの「雀豪ナイト」を開発し、脱衣麻雀というジャンルを確立させた[5]。1980年代中盤からは、脱衣麻雀やメダルゲームに力を入れる一方で、「テラクレスタ」や「コスモポリス ギャリバン」など、FM音源チップを採用した作品を数多くリリース。金属質で耳に突き刺さるようなパワフルなサウンドは「ニチブツサウンド」と呼ばれ、ゲーマーの間で語り継がれている[6]。

1989年にリリースした「AV麻雀 ビデオの妖精」に関して日本アミューズメントマシン工業協会と全日本アミューズメント施設営業者協会連合会が業界にとって好ましくないと問題にし[7]、日本物産が規定違反の機械を製造しないと確約したものの[8]、その後も同じような物をリリースしたため、両団体と対立するようになり、健全娯楽委員会の審査が進まないとして、1992年には日本アミューズメントマシン工業協会を退会した[9]。それ以降、脱衣麻雀に比重を移すようになり、1989年リリースの「戦え!ビッグファイター」を最後に、脱衣麻雀を含むアダルト作品以外のアーケードゲームをリリースしていない[10]。

1990年代後半にはアダルトゲームブランドの「SPHINX」(スフィンクス)を設立し[11]、ビデオメーカーであるAVジャパン株式会社とアストロシステムジャパン株式会社の協力のもと、DVDを採用した実写の脱衣麻雀「ハイレートDVDシリーズ」がラインナップの中心となっていたが、2005年の「恋するコスプレ秋葉原」を最後に、脱衣麻雀作品もリリースしなくなった。

家庭用ゲーム市場には1983年に自社で開発した家庭用ゲーム機「マイビジョン」で参入。1986年、ファミリーコンピュータ用の「マグマックス」でファミコン市場に移籍。以降、アーケードからの移植作品がラインナップの中心だったが、1990年にPCエンジンでリリースしたオリジナル作品「F1サーカス」が、ときのF1ブームにも押されて大ヒット。以降、人気シリーズとして数多くのハードでリリースされた。

「F1サーカス」シリーズがヒットした縁で、1992年から1993年にかけてチーム・ロータスをスポンサードしている。その年のマシンの「ロータス・107」および「ロータス107B」のフロントウイング翼端板に、同社のロゴステッカーが貼られている。スポンサードを行った1992年にリリースされたPCエンジン版の同シリーズでは、ロータスが異様に強かったという話もある。

家庭用でもアーケード同様、麻雀を題材としたタイトルも数多くリリースしている。PCエンジンには、脱衣要素を取り入れた作品を投入。1995年に発売した、実名のAV女優が登場する「セクシーアイドル麻雀・野球拳の詩」は、公式ライセンスのゲームソフトとしては家庭用ゲーム機初の18歳以上推奨ソフトとなった。

プレイステーションやセガサターンの時代以降も家庭用ゲームの作品をリリースしてきたが、2001年の「バーチャル競艇21」を最後に、リリースを停止している。公式サイト内では家庭用ゲームソフトの通販コーナーがあり、プレイステーション用以外の在庫があるソフトは直接買うことができるとされているが、公式サイトの更新は2003年より停止していた。

過去には帆船模型の製造販売も行っていた[12]。
晩年

公式サイトに掲載されていた一部の電話番号は他の会社が使用しているほか[13]、本社ビルは売却のち解体され、跡地は2010年2月23日より『トラストパーク天神橋』というコインパーキングとなった後に[14]、『ザ・パークハウス 天神橋一丁目』というマンションが建設され[15]、公式サイト更新停止後の本社所在地および連絡先は不明となっていた。また、2012年10月30日には、りそなホールディングスの公式サイトにて、日本物産と代表者の鳥井末治に対して、所在不明株主の株式売却に関する異議申述の公告がされた[16]。

2009年3月にはD4エンタープライズのレトロゲーム復刻・配信サービスであるプロジェクトEGGに参入し[17]、2010年1月にD4エンタープライズよりWindows用ソフト「ニチブツ・アーリーコレクション」(初期のファミコン作品6本を収録)が発売されたほか、日本物産から過去に発売されたゲームソフトが、プロジェクトEGGにて、不定期に日本物産名義で配信されていた。また、ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールではハムスターが配信しているが、版権表記が日本物産になっているため、法人格は消滅していないと考えらていたが、2014年3月14日、ハムスターが日本物産が持つゲームの権利譲渡契約を締結したことを発表した[18]。

nichibutsu.co.jpのドメイン名はゲームメーカーとして目立った活動がなくなった近年も毎年更新されていたが、2014年3月31日いっぱいをもってドメイン名が削除された。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱