レオナ・ガーシュタイン 蕾欧娜·嘉修坦

  • 简体中文名: 蕾欧娜·嘉修坦
  • 别名: Leona Gerstein
  • 性别:
  • 种族: 地球人(ドイツ系と日本系のハーフ)
  • 年龄: 18歳
  • 所属: αシリーズ:民間人→ロンド・ベル隊 OGシリーズ:コロニー統合軍・トロイエ隊→地球連邦軍ヒリュウ隊所属・オクトパス小隊
  • 階級: 少尉

谁收藏了レオナ・ガーシュタイン?

全部收藏会员 »
初出は『スーパーヒーロー作戦』。その後、『スーパーロボット大戦α』の主人公の1人として登場する。OGシリーズではライディース・F・ブランシュタインの従兄妹という関係が強調されているが、設定自体はαの時点で既に存在していた。α設定ではドイツ系と日本系の血を牽くハーフ。

OG1では伯父であるマイヤー・V・ブランシュタイン率いるコロニー統合軍のエリート部隊『トロイエ隊』に所属していたが、ヒリュウ改と統合軍との決戦では、隊長のユーリア・ハインケルに後事を託された為に出撃せず、結果としてトロイエ隊のただ一人の生き残りとなった(数少ない念動力者である事も理由とみられる)。

その後、DC・統合軍残党の多くがマイヤーの大義を理解せず、自らの欲望や怨念を優先させるのを見て彼らに不信感や失望を抱くようになる。レオナはマイヤーやユーリアの後を追わんと死ぬつもりで出撃するも、ハガネとヒリュウ改の部隊に撃墜・回収され、ライの説得と口添えもあって地球連邦軍に加わる。

L5戦役後はタスク・シングウジの誘いに応じてカチーナ・タラスクが隊長を務める『オクト小隊』に所属。同部隊ではオフェンスを担当している。ゲーム的な能力値だけでなく作中でも技量が高い扱いを受けているようで、彼女に対する援護台詞では操縦技術に言及する例がちらほらある。

DC戦争から始まったタスクとの関係は作品を経るごとに深まっており、凸凹と評するに相応しい二人のやり取りはOGシリーズの名物になっている。タスクが熱烈なアプローチをしているのに対し、レオナがそっけない態度を取っている事が多い。しかし内心では彼を深く愛しており、はたから見れば、タスクへの態度はまさにツンデレお嬢様のそれである(αの頃はいわゆるツンデレの定義がなかった時代だが、その気は既にあった)。特に彼が無茶をして大怪我を負った際には、普段の冷静な態度を一変させて痛々しいまでに取り乱すことも。無意識かどうかは不明だが、タスクがヴィレッタを初めて見た際に「クールビューティー」と評した際になんとレオナは(一応同じクールキャラだからか)嫉妬のような感情をタスクに見せる。これにはタスクもこの時は訳がわからず困惑していた。が、この頃あたりからレオナはタスクをかなり意識しだしたようである(後述のガーネット・サンディも参照)。また、タスクがレオナに本気である事をOG1のホワイトスター突入前で知る事となる。OG2ndでは、遂に彼女の方からキスを求めるほど仲が進展していた。

一見すると何でも完璧にこなせるお嬢様のように見えるが、実は料理が壊滅的に下手で、その腕前はエクセレンのアドバイスを受け、「自分がまずいと思う味付け」で美味しいお粥が出来てしまうほど。しかも、その後の描写から「美味しい料理」はお粥しか作れないらしい。ただし味覚は正常なようで、あくまで料理が下手なだけである。彼女の場合、味覚は正常なのに『まずいと思う味付けで美味しいお粥が出来る』という事から、味見をせず、感覚だけで料理を作っているものと思われる。さすがに何も知らないで食べたタスクには申し訳ない心情であった。

ちなみにお食事イベントでタスクが気絶している為か『レオナの料理は気絶するほど不味い』とよく勘違いされるが、タスクが気絶したのは口直しにうっかりクスハ汁を飲んだ事による(アヤも「トドメはクスハの栄養ドリンクだった」と言っている)ものでレオナの料理自体は気絶する効能(?)はないと思われる。…ただし、レオナの料理を食べたタスクはブリットが心配するほど顔色が悪くなっているので体調を悪化させる代物であるらしい(クスハ汁との併用とは言え、倒れた際には泡まで吹いていた)。

また、音痴という設定も存在している(まだ使われていない)。しかし、レオナ役の榊原ゆい氏は歌手活動も行い、抜群の歌唱力を持つ為、寺田プロデューサーはこの設定を持て余している事をネットラジオで言及している。更にその後、専用BGMをアレンジした歌まで制作されている(詳細は専用BGMの項参照)為、現在も設定が残っているのかは疑問である。なお、音痴設定が残るとなると『音痴な上に料理の腕が壊滅的』な某ガキ大将の特徴を彷彿させてしまう事に…。そのほか、ライが言うには乗馬も上手いようだ。

恋愛に関しては、身内以外の異性と交流が少なかったのか奥手気味の傾向があり、片思いの失恋(?)を匂わす過去がある。

乗機はガーリオン、ガーリオン・カスタム(トロイエ隊仕様)、ヒュッケバインMk-III、ズィーガーリオンなど、機動性の高い機体が多い。ちなみに、ゲシュペンストMk-II・タイプSの『究極!ゲシュペンストキック』を使用した時の戦闘セリフはかなり独特で、必聴モノである。反面、特機タイプは不慣れなのかジガンスクード・ドゥロのジガンテ・ウンギアを使うと「タスクに出来て、私が出来ないはずがないわ!」といったセリフがある。

なお、ゲーム中のイベント等で乗り換える機体はカチーナのパーソナルカラーの赤に対して青系統のカラーの機体がほとんどである。これはかつて所属したトロイエ隊のパーソナルカラーが青だった事も理由の一つであるが、リンから一時預かっていたヒュッケバインも青でありとことん縁がある模様。

出演

吐槽箱

#1 - 2019-10-18 15:08
(不管表里,都是我的翅膀!)
沙发,冰美人啊(bgm63)