アトム今昔物語 漫画系列

  • 中文名: 阿童木今昔物语
  • 册数: 3
  • 作者: 手塚治虫
  • 出版社: 講談社文化傳信台灣東販
  • 别名: 原子小金刚今昔物语
  • 小飞侠今昔物语
  • 其他出版社: 文化傳信、台灣東販
  • 连载杂志: サンケイ新聞
  • 开始: 1967年1月24日
  • 结束: 1969年2月28日

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这个系列?

    / 2人想读 / 10人读过
    2017年のある春の日、アトムは海で、大爆発に巻き込まれます。そこでアトムは、昆虫に似た宇宙人の女・スカラと出会います。スカラは住んでいた星で結婚生活に飽き、宇宙船で地球にやってきたのでした。スカラを爆発から救ったアトムが、家に帰ろうと町に出てみると、なんと時代がさかのぼって、50年前の1969年にきてしまっていました。
    一人、過去の世界に放り出されたアトムは途方にくれますが、同じく行き先も、知り合い一人いないスカラとともに、奇妙な共同生活を始めることに。エネルギー補充機が開発されていないため、エネルギーの補充もできず、ロボットの友達もいない過去の地球で、アトムはヒゲオヤジのゆかりの人物・スリル医師と、若き日の御茶ノ水博士に出会います。
    ベトナム戦争や、ロボット開発の歴史を目の当たりにし、天間博士によって発明され、再び生まれるまで…。アトムの目を通して、「鉄腕アトム」世界のロボット開発の歴史を描くもうひとつのアトム・サーガ。
    more...

    收藏盒

    8.3 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    单行本

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    离群客 @ 2014-2-24 09:08

    总觉得手塚在带着镣铐起舞。读完地上最大机器人后,我曾经认为,PLUTO变成青漫的原因就在于它把原作只在最后一提的机器人人权问题放在了核心。而这个问题同样也是今昔物语的核心,但是阿童木的少年漫定位明显限制了它的展开,体现最深刻的地方就在于机器人法竟然是在外星人的胁迫下得以确立,这个无比都合的展开之后,却是一个无比现实的情节,须井柄在机器人获得人权首日与机器人妻子正要去结婚的途中被歧视机器人的人类暗杀

    更多吐槽 »