神様のお仕事 (1) 小说

  • 出版社: 講談社
  • 价格: ¥ 693
  • 发售日: 2013-03-01
  • 页数: 344
  • ISBN: 4063752925
  • 作者:

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人想读 / 12人读过 / 2人在读
    ただの高校生だった真人が突然神になっていた。そこに現れた下級生の黒須千鳥は「我が神社の神となってください」と彼に懇願する。千鳥は黒須神社を守る巫女だった。何の取り柄もない自分が力になれるのならばと話を引き受け、神の仕事を始めるのだが…。なんと、神の仕事はポイント制になっていて、貯めれば貯めるほど位が上がっていくシステムだった!どこかの商店かよ!?参拝客のお願い事を叶える仕事から、土地を守る仕事まで。他の神とのいざこざも絶えず、神さまの仕事は意外とハード。そんな中、街に禍をもたらすという疫病神が現れる。倒せば高得点を貰えると燃える千鳥だが、真人は…。第2回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞作。
    more...

    大家将 神様のお仕事 (1) 标注为

    收藏盒

    6.9 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    魔女凯西 @ 2019-2-2 13:28

    讲谈社的轻小说。“不知怎么成为了神总之先助人为乐一下吧”的佛系男主有点意思,帮助人神似魔法少女的故事路线。作者对日本神有所了解,不过冲突比较过家家,当一人的愿望与他人的愿望相矛盾时合格的神如何化解矛盾其实是个有写头的点,这里基本以“男主身为人的可能性”带过了。

    Ourfather @ 2014-7-7 12:38

    作者的名字和小说名连起来毫无违和感

    药屋芥末 @ 2014-4-2 10:06

    本书说的是女主角对男主角一见钟情引发的故事,看迟钝的女主也是非常有趣。

    更多吐槽 »