巷説百物語 狐者異

  • 中文名: 巷说百物语 狐者异
  • 集数: 1
  • 开始: 2005-03-27 20:00
  • 结束: 2005-03-27 21:52
  • 类型: 时代剧
  • 国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 每集长: 110m
  • 频道: WOWOW
  • 首播国家: 日本

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁看这部剧集?

    / 10人想看 / 1人看过
    章节列表 [全部]:

    讨论 (+0)
    殺しても、死なない。それが、狐者異───。鈴の音。御行───奉為。見るからに胡散臭い魔除けの札を意気揚々と売りつける、摩訶不思議な男。通称、小股潜りの又市(渡部篤郎)。口先三寸、言葉巧みに人を謀る、闇の仕事人。「祇右衛門は、死なない。だから、魔除けの札を買え」…祇右衛門は死なない? まさか、そんな奇怪な事があるものか
      ──────。一方、ぼさぼさ髪、怪しげな手袋、丸眼鏡の男がとぼとぼと歩いている。この一見頼りなさ気な風貌の男、山岡百介(吹越満)。諸国を渡り歩き不思議話を蒐集することが生き甲斐という、少々風変わりな彼が向かっているのは、仕置場である。仕置場とは、いわば処刑場。この場所に世間を騒がせた大悪人、稲荷坂の祇右衛門の首が晒されているのだ。殺しても殺しても生き返るという、不死身の祇右衛門。斬首される度に蘇る。そして今回は、三度目の打ち首だった、らしい。巷にはそんな風聞が溢れていた。獄門三日目に祇右衛門の首は眼を見開く、そして火焔を吐いてどこぞに向け飛んで行く───等々。百介は、祇右衛門の奇怪な“噂”を確かめる為、そして根っからの好奇心により、仕置場へと赴いたのだった。その途中百介は、美しい女にふと目を奪われる。山猫廻しのおぎん(小池栄子)だ。垢抜けた妖艶な風貌の彼女の周りには、町人たちが群がっている。サービスたっぷりに浄瑠璃人形を操りながら、義太夫節を朗々とうなる。彼女も又市と同様、世間の枠組みから外れた無宿人だった。───そして百介と同じく、祇右衛門の生首を見に行こうとしていた。仕置場で出会う、百介とおぎん。獄門台には、無惨に斬り取られた祇右衛門の生首。「まだ、生きるつもりかえ」───おぎんは、そう呟いた。そして、祇右衛門を御用にした奉行所与力の笹森欣蔵(嶋田久作)が現れた途端、彼女は立ち去る。そんな不可解な言動がひっかかり、悶々とする百介。百介は、麹町の貧乏長屋へ向かう。この長屋には、又市の仲間が住んでいる。その男の名は、事触れの治平(大杉漣)。この面妖な男は、元盗賊という過去を持つ変装芝居の名人である。そこで明かされたのは、おぎんの暗く哀しい過去───。程なくして、本当に悪い“噂”が聞こえてきた。祇右衛門が生き返ったという噂である。そうこうしている内に怪なる物への造詣が深い人物として評判の百介の許へ、笹森欣蔵と田所真兵衛(遠藤憲一)が尋ねてきた。斬首されてもなお甦るという、祇右衛門の噂についてである───。一体、祇右衛門とは何者なのか。そして、おぎんと祇右衛門の関係は?!
    more...

    收藏盒

    7.0 推荐
    Bangumi Real Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    矮木油希希 @ 2014-10-15 18:37

    每天上bangumi就是在不断的点想看

    岚行 @ 2013-4-22 11:17

    改编上的考量比较充分,际遇与前尘一并解决,四主角涉入事件都够深,矛盾错综构筑,发散出去的部分也指向原作关键要素。然而老堤的疯癫调调坏事,氛围走在邪道,质感轻飘,小趣味时引恶寒。特异的镜头运动毫无必要,BGM也跟着调皮(片头那段明明挺对味),再娱乐也留点时代剧的自觉啊!选角如此也可,阿银诠释得略不对……

    更多吐槽 »