安達としまむら 〈1〉 小说

  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • 价格: 557円
  • 发售日: 2013年3月10日
  • 页数: 248
  • ISBN: 978-4048914215
  • 文库: 電撃文庫
  • 作者: 入間人間
  • 插图: のん

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 5人想读 / 78人读过 / 1人在读 / 2人搁置 / 1人抛弃
    体育館の二階。ここが私たちのお決まりの場所だ。今は授業中。当然、こんなとこで授業なんかやっていない。
     ここで、私としまむらは友達になった。好きなテレビ番組や料理のことを話したり、たまに卓球したり。友情なんてものを育んだ。
     頭を壁に当てたまま、私は小さく息を吐く。
     なんだろうこの気持ち。昨日、しまむらとキスをする夢を見た。
     別に私はそういうあれじゃないのだ。しまむらだってきっと違う。念を押すようだけど、私はそういうあれじゃない。
     ただ、しまむらが友達という言葉を聞いて、私を最初に思い浮かべてほしい。ただ、それだけ。
    more...

    收藏盒

    7.6 力荐
    Bangumi Book Ranked:#1653

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    空灵闲逸 @ 2021-2-15 12:39

    “于是我了解到,原来心不在胸口。 一定是为了想就近感受岛村的手心而跑到头上去了吧”

    ( l l ) @ 2020-11-18 02:24

    adachi视角的两章

    Sennmenn @ 2020-11-4 22:28

    双视角 这卷安达视角的心理描写占较多篇幅 看上去比较直的安达内心却很细腻啊 心思也很明显 只是对岛村上心罢了/岛村给我的感觉还不是很清晰 普通的可爱女高中生的感觉 相识的回忆中很善良 给蝉做坟墓?作者是不是写过头了 这样温柔的岛村被やしろ小可爱缠上也不奇怪了呢

    水下冬眠 @ 2020-10-25 21:23

    ミスマッチ。電波女を思わせる。

    Rくん @ 2020-10-10 09:34

    啊,纤细而孤独的青春b39。

    unfinished @ 2020-9-23 15:38

    太淡了,而且好像没对到电波

    星流 @ 2019-9-3 00:48

    入间人间的文本还是有那么一些难读,加上这一部很平淡就容易出戏,不过小细节是真的很精彩,经常不经意一句话就可以甜死人

    flankoi @ 2019-7-18 10:27

    二人が一緒にどんな歌をうたっただろうと、調べて歌詞を見たらあまりの尊さで気絶しかけた。え?歌うのこれを?アニメで?死人が出るよこれ…

    aerbioer @ 2019-5-13 20:28

    双视角+大篇幅的心理活动描写,塑造了两个慵懒随性JK的高一日常。安达的部分措辞都比较直接,时常让读者怦然心动;而岛村的部分刻意使用了一些温开水式的词汇,既很好地塑造了人物形象,也给读者留下了想象的空间。打保龄球那段突然后宫,明明读的是两个人的百合故事,总有种串戏的感觉。还没读过老师的电青,宇航服小女孩是在学艾利欧的造型吗?总体来说这糖吃的我非常满足。

    幽灵3383 @ 2018-3-17 11:23

    受不了,安達实在是太可爱了!有点找回了当初看candy boy的那种感觉,虽然还是不够甜。

    更多吐槽 »