毎日死ね死ね言ってくる義妹が、俺が寝ている隙に催眠術で惚れさせようとしてくるんですけど……! 小说系列

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这个系列?

       俺、市ヶ谷碧人は、血の繋がらない妹、市ヶ谷雫に死ぬほど嫌われていた。

       ラブコメにありがちなお兄ちゃん大好き義妹など空想上の産物。口を開けば邪魔だの死ねだの、リアル義妹に散々言われる毎日。

       そんな扱いにも慣れ、義妹との関係も諦めかけていたそんな時。

       俺の気まぐれでついた嘘が。
       俺たち兄妹の関係を大きく変えることになる。

      「……クソ兄貴……催眠術、ちゃんとかかってるよね?」
      「お、おう。かかってるぞ……むにゃむにゃ」
      「じゃあ、キスして」
      「へ……?」

       毎日死ね死ね言ってくる義妹が、俺が寝ている隙に催眠術で惚れさせようとしてくるんですけど……!
      more...

      收藏盒

      0.0 --
      Bangumi Book Ranked:--

      单行本

      关联条目

        评论

        讨论版

        吐槽箱

        更多吐槽 »