安達としまむら 〈9〉 小说

  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 价格: ¥649(¥590+税)
  • 发售日: 2020-10-10
  • 页数: 216
  • ISBN: 978-4049131284
  • 作者: 入間人間

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 5人想读 / 14人读过 / 2人在读
    女子高生2人の日常が、ちょっとだけ変わる。

    安達と出会ってからの一年が割と濃いから、過去が遠くなっているのを感じる。良くも悪くも、安達は印象的なので他の記憶を上書きしてしまう。わたしはいつか、安達との過去だけで埋め尽くされるのかもしれない。

    私には思い出というものがおよそ欠けている。そして、私には今にしかしまむらがいない。少なくとも、今この時は。一年前はまだちゃんと覚えていて、そこにある。だから昔じゃない。私は、いつかしまむらと過去を過ごせるだろうか。

    安達と出会う前のしまむらと、しまむらと出会ってからの安達。少しずつ何かが変わっていく。そんなお話
    more...

    收藏盒

    7.5 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    ( l l ) @ 2020-12-21 18:01

    确实是特别篇,篇幅要短不少(中间还有两张应该放omake里的内容?) 首次出现了三人以上的情景,画面感丰富了很多. 几处内容和之前的设定貌似有矛盾(希望后面能圆回来

    aerbioer @ 2020-12-16 09:05

    诶?这手冢P封面把我整笑了//我愿称入间老师为cp大师,出场人物一个都没有被浪费。感觉这卷好短,每一句都很精彩,完全没读够啊!岛村妈的性格太棒了,老师写百合题材以来每个人物都活灵活现,蒸蚌。亲情友情爱情交织在一起,无论是过去与现在,一切都是命中注定

    秋黴雨 @ 2020-12-15 13:29

    迁客骚人 多会于此 览物之情 得无异乎(?) 好一个岛抱月 想看入间笔下的那片海

    paolino @ 2020-12-11 10:36

    “分明瞧瞧附近就能即刻找到,却连脑袋里都有她。”短,太短了。“柔软明亮、圆滚滚的东西”、“不错的‘朋友’”、“归宿”、“无可取代的人”,有着各自的形态,想恋爱了。太太们的互动令人意外,也太可爱了,岛村长大会变成这样吗。否定掉“村”的“岛抱月”,真是纤细感性的文字游戏。

    waox @ 2020-12-1 08:23

    不当神经病作家,也不是那种随处可见的白河作家,那你到底想干什么呢

    白峰理沙 @ 2020-11-29 15:58

    安岛的圣诞节家庭聚餐真好啊,四个人的再次见面内心戏都很欢乐。敲碗等第十卷。还是不习惯看入间细腻到墨迹的日常。

    Ranpo @ 2020-10-22 22:20

    强迫自己无视动画人设

    プリズムアヤ @ 2020-10-12 09:35

    剧透&简评→https://www.weibo.com/7289018178/JoJMx9enZ。各方迹象表明,第九卷销量已经糊穿地心了。话说中文版要怎么处理「安達としまむら」和「安達と島村」的区别啊?

    Threaddeath @ 2020-10-11 15:36

    糊。。。那第十卷还有救吗(;´༎ຶД༎ຶ`)

    更多吐槽 »