さとり世代の魔法使い 小说

  • 出版社: 双葉社
  • 价格: ¥693
  • 发售日: 2019-03-14
  • 页数: 312
  • ISBN: 978-4575522044
  • ASIN: 457552204X
  • 作者: 藤まる

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这本书?

/ 12人想读 / 2人读过
「北条雫、19歳。どこにでもいる平凡な女子大生のようですが…実はわたし、平成最後の魔女なんです!」祖母から魔女の能力を受け継いだ雫の前に、ある日、10年ぶりに幼馴染の爽太が現れた。「魔法で人助けなんて時代遅れ」とすっかり冷めている雫だが、爽太はかつて約束した「魔女の使命」を果たそうと一生懸命。雫はしぶしぶ六つの魔導具を取り出すが…なぜ、爽太は雫の前に現れたのか?雫が「魔女の使命」を果たした時、その切ない理由が明らかになる。心震える、愛と家族の物語!
more...

大家将 さとり世代の魔法使い 标注为

收藏盒

9.5 超神作
Bangumi Book Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

Lain__ever @ 2020-10-14 01:30

「死は平和の側にある。だからこそ精一杯生きて。世界はいつだって同じ色。空の向こうには必ず光溢れる青空が広がっている。」不知为啥,自己就是很吃藤まる这套。无论是对魔法的定义也好还是经典的幸福传递论也好,总感觉读他的作品能体会到所谓“活着真好”的含义。几段和おばちゃん对话还有那场结尾跨别五十年的重逢真是眼眶看湿了好几次...

水嶋春歌 @ 2019-11-10 23:32

性格别扭又美丽但总是为了别人疾苦而奔走的女主,看上去小白脸但是意外靠谱的青梅竹猫男主,非常可爱。前面三章是温暖幸福的日常万事屋型小故事(不知道为啥想起青豚二、三卷的内容),第四章荡气回肠的大起大落。六个魔法道具有一半用在这里,回到过去的沙漏、魔女的书、飞天羽毛,回到过去的场景就算猜到了也还是很温暖,昭和の魔女から平成の魔女へ的那段过于鸟肌,当然还有最后悲伤的诀别和五十年后迟来的重逢,太好了

更多吐槽 »