異世界誕生 2006 小说

  • 中文名: 异世界诞生 2006
  • 作者: 伊藤ヒロ
  • 插图: やすも
  • 出版社: 講談社
  • 价格: ¥691
  • 发售日: 2019-08-30
  • 页数: 295
  • ISBN: 978-4065170021
  • ASIN: 4065170028

谁读这本书?

/ 22人想读 / 6人读过 / 1人在读 / 1人搁置
「なにせクソ・オブ・ザ・クソだからな。まずジャンルが悪い。今どきファンタジー小説なんてあり得ないだろ」

2006年、春。小学六年の嶋田チカは、昨年トラックにはねられて死んだ兄・タカシの分まで夕飯を用意する母のフミエにうんざりしていた。たいていのことは我慢できたチカだが、最近始まった母の趣味には心底困っている。
フミエはPCをたどたどしく操作し、タカシの遺したプロットを元に小説を書いていた。タカシが異世界に転生し、現世での知識を武器に魔王に立ち向かうファンタジー小説だ。
執筆をやめさせたいチカは、兄をはねた元運転手の片山に相談する。しかし片山はフミエの小説に魅了され、チカにある提案をする――。

どことなく空虚な時代、しかし、熱い時代。混沌極めるネットの海に、愛が、罪が、想いが寄り集まって、“異世界”が産声を上げる。
more...

收藏盒

8.0 力荐
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

三木森 @ 2020-11-12 14:07

吐槽业界那段绝了|| 草它就应该叫重小说

空気力学少女 @ 2020-4-1 21:51

自始至终,可能伊藤老师都不是想黑异世界文,或者创作者。妈妈自始至终也没有成为创作者,甚至就没有想成为。创作者如果是想创造“最强的世界”那妈妈一定只是想创造“最温柔的世界”。虽然当时看这本也是有着想看这次是要如何黑异世界,但更多的我可能也和伊藤老师一样,很好奇,或者说在意对于穿越后的主角,留下的人会如何生活(对于亲情这一感情,从各种方面我都是很弱的)。而在这一点上,很多小说都是会有个都合的设定,或者

风尘烟沐 @ 2020-2-3 12:03

伊藤ヒロ这人有意思

Alfred_Chen1998 @ 2019-12-17 13:39

听说很沉重,先mark一下

killknifex @ 2019-10-19 20:54

1)别被标题与彩图骗了...内容并非平常的异世界类小说....甚至借小说里人物之口对异世界类小说作过一些抨击 2)里面的角色名字改得真是溜啊

更多吐槽 »