逝き神様の生贄婚 鵺告ぐ編

谁听这张唱片?

/ 3人想听 / 1人听过
舞台は、因習が現代まで残る祝人村。
東塚(とうづか)家の男は
昔から村の災厄の身代わり(生贄)となる役目を担っていたが、
余所(よそ)者の娘を娶(めと)り、生き神として祀(まつ)ることで、
自身と東塚家に災厄が降りかからないよう、手を打ち始めていた。
「生贄がさらなる生贄を求める」行為を村人達は見て見ぬ振りをした。
――ゆえに。
東塚家の生き神がどのように祀られ、どのように祈っているのか。
東塚家以外、誰も知らない。
トラツグミがひときわ大きい啼き声を上げた――

ねぇ、どうしてコレがいけないことなの?

東塚和人
二十歳前後の頃、失踪。村の禁忌となる。

「――ああ、父さんと約束したのに。いけないことだって。ああ、僕もわかってたのに……」
「これからはずっと一緒だよ、ちーちゃん……。僕は〈生贄〉だけど、なぜだか忠広に『もう好きにしていい』って言われたから……」
「ね、また『仲良し』しよ……?」

ヒロイン
和人の妹。生き神となるべく、渡世忠広を夫にする。
more...

大家将 逝き神様の生贄婚 鵺告ぐ編 标注为

曲目列表

收藏盒

6.0 还行
Bangumi Music Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

更多吐槽 »