マンガ蟹工船 漫画

  • 中文名: 蟹工船
  • 册数: 1
  • 别名: 漫画蟹工船
  • 漫畫蟹工船
  • 出版社: 東銀座
  • 价格: ¥ 617
  • 发售日: 2006-11-07
  • 页数: 183
  • ISBN: 978-4894691056
  • ASIN: 4894691051
  • 原作: 小林多喜二
  • 作画: 藤生ゴオ
  • 企画: 白樺文学館多喜二ライブラリー

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 6人想读 / 9人读过 / 1人在读
    故事的舞台是在堪察加海域捕蟹,然后将蟹加工为罐头的蟹工船“博光丸”。那是一个以廉价薪金劳役著来自各地离乡工作的劳动者,在海上生产贵价蟹罐头的封闭空间,而他们的劳动成果,不但被当作高价产品获取暴利,而且还被蟹工船所属大公司的资本家们不当地榨压。 没同情心的监工浅川并不把劳动者当人看待,还以“惩罚”为名名用暴力虐待劳动者,或使他们过劳、患病(脚气病)而纷纷倒下。最初虽然也有认为没有办法而放弃或者惯于现状的人,但最终劳动者们还是下定决心,为求得到作为人应有的待遇而团结起来罢工抗争的故事。

    「蟹工船ブーム」の火付け役! 原作(小林多喜二)の持つ世界そのままに国内初のマンガ化。
    解説:島村輝(女子美術大学教授)―「蟹工船」を解体するキーワード―映画・暴力・汚えと聖性

    井上ひさし氏推薦


    漫画喫茶やネットカフェで「蟹工船」の(30分で読める…大学生のための)入門書として話題となり、蟹工船ブームの火付け役に。
    原作の再現性、斬新な解説、手頃な値段の三拍子が揃った「蟹工船」漫画の定番。新聞報道多数。

    ◎登場人物が複雑に入り組む冒頭数ページが読みづらく、挫折しやすいとされている原作に対し、漫画は、函館からカムチャツカ沖に向かう蟹工船に集まった少年労働者の素朴な表情、親との別れなどが端的に描かれ、物語の世界に入りやすく配慮されている。(「読売新聞」2006年11月17日)
    ◎欄外に丹念な注釈を付けたのも特徴だ。原作は七十数年前に書かれ、方言や隠語をふんだんに採り入れている。「川崎船」(母船からカニを捕りに行く小舟)などの歴史的な言葉や、「時化」など若者が実感しにくい言葉を分かりやすく説明した。(「中国新聞」2007年2月8日)
    more...

    收藏盒

    7.4 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    AyAiAmA @ 2020-8-24 18:43

    “咱们帝国的军舰当然是帮咱们老百姓的”

    @ 2016-9-8 23:44

    蟹工被奴役、被剥削的悲惨生活

    Another @ 2015-4-29 15:25

    现代资本主义社会就是一艘巨大的蟹工船

    更多吐槽 »