ただのクラスメイトから恋人になるたった1つの方法 Method.3 幸福体質と不幸体質の場合

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁听这张唱片?

/ 2人想听 / 2人听过
「俺が話しかけないほうが、みんなも平和に過ごせるよね……」やたらに不運に見舞われることが多い、弓弦。
やたらに幸運に恵まれている、獅貴。
「仙波君って……何があっても死ななそう。あ! ご、ごめん! 失礼なこと言って!」「いや、自分でもそう思う。だから、大丈夫だろう。むしろ、兎山も俺の近くにいれば、トラブルが減るんじゃないか?」飾らない態度、率直な言葉、吸い込まれそうな――真摯な瞳。
一緒にいて安心できる、初めての相手。
「でも……俺と仲良くしたりしたら、仙波君が不幸になるかもしれない……」不幸になってほしくないと距離を置く弓弦。
そばにいて欲しいと願う獅貴。不運と幸運、どちらが運命?

「色っぽい弓弦は全部、俺だけのものだ」
「獅貴君は……もうちょっと手加減してほしい……」
この教室で、君に、恋をした。授業中。白いシャツの背中。昼休み。笑顔と良く通る声。放課後。触れた、温かい手のひら。
ふとしたきっかけで、意識するようになった。
もしかしたら――ただの友達で、ただのクラスメイトで、終わっていたのかもしれない。
でも、ちゃんと、君に出会えた。君に恋をして、君に好きだって言える。
だから、どうか。
――ずっと、一緒にいて。
同じ歳、同じ教室、視線の交差する距離――クラスメイト限定の恋。
彼らの恋を、そっと応援しませんか?
more...

大家将 ただのクラスメイトから恋人になるたった1つの方法 Method.3 幸福体質と不幸体質の場合 标注为

曲目列表

收藏盒

0.0 --
Bangumi Music Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

更多吐槽 »