折原臨也と、喝采を 小说

谁读这本书?

/ 3人想读 / 2人读过 / 1人搁置
車椅子を駆り、『情報屋』が生業と嘯く男。
彼のいるスタジアムで起きた殺人事件の真相とは──。

「俺は、人間を観察する為に最低限の技術と知識さえあればいいさ」
 折原臨也という男は、名探偵というわけじゃない。寧ろ、その全く逆の存在だ。
 あいつは自分の目の前で起こった事を、大抵の事は躊躇い無く受け入れる。目と鼻の先で実の家族が撃ち殺されようが、臨也はその殺人犯に対して笑顔で語りかける。
 ──『今、どんな気分だい?』ってな。
 だから、折原臨也は倫理的に褒められるような行動はしないし、論理的な推理もしない。目の前で起こった事を淡々と受け入れて、さも『全部自分の予想通りだ』って面をする。
 あいつは犯人や被害者を追い詰める道化師だ。恨みも怒りも無いのに、ただ、自分の楽しみの為に追い詰めて追い詰めて……そのまま相手が崖から落ちたのを観て笑う嫌なピエロだ。
 折原臨也は名探偵じゃない。どこまでも強気なピエロで、関わった奴をみんな沼に引きずり込む疫病神だ──。
more...

大家将 折原臨也と、喝采を 标注为

收藏盒

6.0 还行
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

更多吐槽 »