男坂 漫画系列

谁读这个系列?

/ 2人读过
  現代に生きる最後の硬派、菊川仁義の生き様を描くストーリー。作者車田の過去作『リングにかけろ』や『風魔の小次郎』とは違い、超人的な描写は少ないのが特徴。
  車田が「この作品を描くために漫画屋になった」と言い切る意気込みで開始した本作だったが、半年ほどで連載終了となった。そのためストーリーは完結しておらず、最終ページには大きく「未完」と書かれている。車田はジャンプ・コミックス3巻で「読者の熱い支持を得られれば、すぐにでも連載を再開したい」とコメントし、後の文庫版のあとがきにおいて「なぜ打ち切られたのか?何故読者の支持が得られなかったのか?答えはハッキリしている。面白くなかったからだ」と不人気による連載終了であったことを明かすと共に、「『男坂』に対する作家としてのオレの決着(けじめ)はまだついていない」との一文を寄せている。
  2014年4月30日、自身のオフィシャルサイトにて6月の連載開始に向けて製作中と告知が出され、週プレNEWSにて連載が再開された。同年10月3日には6月連載時の『北の大地編』が収録されたジャンプ・コミックス第4巻、同年12月連載時の『横浜のジュリー編』が収録されたジャンプ・コミックス第5巻が2015年4月3日に刊行されている。
  「ツッパリ」といった言葉の使用や、個人携帯用GPSが「2、30年後には一般に普及する」と言及されるなど、作中の時系列は少年ジャンプ連載時の1980年代である事が示されている。
more...

收藏盒

6.0 还行
Bangumi Book Ranked:--

单行本

关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    更多吐槽 »