安達としまむら 〈6〉 小说

  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 价格: ¥ 594
  • 发售日: 2016年5月10日
  • 页数: 232
  • ISBN: 978-4048659468
  • 作者: 入間人間

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人想读 / 38人读过 / 1人在读
    夏休み後半。安達のしまむらへの想いは高まり──。
     女子高生二人の日常が、ほんの少し動き出す。

     喧嘩の仲直りを経て、元の関係に戻ったかに見えた安達としまむら。しかし、安達のしまむらへの想いは、現状維持で満足することを許してくれず、流されるのでは無く、自ら先へ先へと進もうとしていた。
    「しまむら、遊ぼう!」
    「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」
    「そうなんだ……何泊?」
    「三泊四日の予定でございます」
    「じゃ、じゃあ。四日後、また来ても……」
    「あー、じゃあ帰ったら電話するから」
    「待ってる」
     しまむらを待ちきれず、電話とメールで連絡をしてしまう安達。そんな様子に、しまむらの中でも安達への想いが変わりつつあった。
     そして迎えた花火大会の夜。浴衣を身に纏い、お祭りの喧噪の中を歩く二人。安達のしまむらへの想いは、花火とともに大きく舞い上がる。
    more...

    收藏盒

    8.6 神作
    Bangumi Book Ranked:#442

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    Sennmenn @ 2021-1-13 22:21

    大好き

    ( l l ) @ 2020-12-17 21:37

    后半胃疼

    梦断代码 @ 2020-10-21 15:47

    Threaddeath @ 2020-1-6 21:30

    第一次感受到了岛村的心

    aerbioer @ 2019-5-22 23:38

    岛村回了趟老家,心境发生了变化,因而在与安达的互动中变得主动起来。安达:这谁受得住啊//“一定是因为,那是我一生之中都不会有的感情爆发吧。”虽然还看不清前路,岛村还是委身于了今日的喜悦与"畅快"感中。她从她身上寻求着直率的温柔,最后的告白部分实在是太甜了。入间老贼一定不要随随便便就在后面的篇幅里虐她们小两口儿呀!这卷无论是从甜度还是细腻且恰到好处的心理描绘上来说,都是一本满足。

    waox @ 2017-6-18 09:35

    我讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合啊啊啊啊入间人间你为什么要写百合呢!为什么会这样呢!!

    咕噜喵 @ 2017-3-12 11:28

    看的自己都快化掉了,可喜可贺

    smallcat @ 2016-8-15 17:46

    纠葛的心情与终于传达到的话语,上垒撒花~

    更多吐槽 »