寡黙な華 小说

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 5人读过
    「では、接吻の作法を教えてやろう」桜林院侯爵家の跡取り候補として、三峯邦彦は桜林院家を訪れる。そこで、数年ぶりに従兄の千早の姿をみつける。幼い頃は実の弟のように千早に可愛がってもらった。だが、いつしかぷっつりと千早は人前から姿を消していたのだ。なぜ嫡男である千早が家督を継がないのか?疑問を胸に抱きつつも、邦彦は桜林院家を我がものにすると堅く心に決めていた。爵位や財産がほしいわけではない、だが、どうしても手に入れたいものがあったのだ。
    more...

    收藏盒

    6.3 还行
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    长冷 @ 2019-5-18 13:05

    病得没到我的点上,说到底还是两情相悦,受还是乐在其中的。

    熊類爆弾 @ 2015-12-12 21:52

    5.5/10 呃……微妙感。梗有些老,還有種特別突兀的氣氛;監禁之類本來很喜歡,然而感覺榎田在這本裡並沒發揮出自己的優勢。

    更多吐槽 »