賢者の弟子を名乗る賢者 (3) 小说

  • 出版社: マイクロマガジン社
  • 价格: ¥ 1,080
  • 发售日: 2015-05-30
  • 页数: 322
  • ISBN: 4896375084
  • 作者: りゅうせんひろつぐ

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人读过
    「ふむ、わしの出番という訳か」

    九賢者の1人ソウルハウルの捜索は、若干の手がかりを残しつつも空振りに終わった。
    残された資料を持ってルナティックレイクに帰還したミラは、
    盟友ソロモンに資料の解析を任せる間の暇つぶしにと、アルカイト学園を訪れる。
    そこで何故か召喚士の代表として審査会で術を披露することになってしまうミラであったが、
    やるからには落ちぶれた召喚術を復興させるため、最高の術をもって審査会に挑むのだった。
    一方、資料の解析は難航していた。
    その資料を読み解くには、アルカイト王国の地下に存在する、
    『愚者の脅威の部屋(フール・ザ・ヴンダーカンマー)』を攻略する必要があったからだ。
    ミラを中心にして物事が動く中、当の本人にも超えなければならない試練が近づきつつあった……。

    迫力のあるドラゴンから可愛い妖精まで、様々な召喚術を繰り広げられる、わしかわいい第三弾!
    藤ちょこ氏の超美麗イラストも変わらず必見です!
    more...

    收藏盒

    7.0 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    更多吐槽 »