ミライザーバン 漫画系列

  • 册数: 3
  • 话数: 24
  • 作者: 松本零士
  • 连载杂志: マンガ少年
  • 别名: 時間旅行少年 ミライザー・バン
  • 出版社: 朝日ソノラマ
  • 开始: 1976年9月号
  • 结束: 1978年10月号
  • 版本: 本条目收录初版单行本;1999年講談社出版了全2卷文库版。

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这个系列?

/ 1人想读 / 1人读过
  学者の両親を持つ少年・井台半はいつもどおり学校に登校した。半が出て行った後、彼の両親は助手の有紀螢を伴い、ある実験を開始するが爆発事故を起こしてしまう。半はあわてて家に戻ると彼の家は爆発で跡形もなくなっていた。両親は死亡し、助手の螢は一命を取り留めるも重傷を負う。家と両親を失った半は、練馬で歯科医を経営している叔父の家で暮らすこととなった。そして、叔父から自分の両親が行っていた研究について知らされることとなる。叔父によれば両親は生前「命の輪」を作ると言い、「永遠に死なない生命体」の研究を行っていたのだという。
  入院している有紀螢のことが気にかかった半は彼女のいる病院に向かった。だが螢はそこにはおらず、失踪したのだという。病院から帰る途中、車に乗った螢が現れた。螢は驚く半を車に乗せると自宅のマンションに向かった。彼女の部屋に入ると、半の両親が研究に使用していた装置が置かれていた。螢は半を眠らせるとその装置に掛け、彼の両親の研究の成果を半に施したのだった。
  その後、半は自分の変化に気付くこととなる。それまで解けなかった数学の問題が簡単に解けるようになり、いつの間にか両親の銀行の口座番号や交友関係まで自分の頭の中に入っていたのだ。だが、変化はそれだけに留まらなかった。半は彼を「ミライザーバン」と呼ぶ謎の組織に追われる身となったのだった。
more...

收藏盒

0.0 --
Bangumi Book Ranked:--

单行本

关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    更多吐槽 »